kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

KDE Plasma 5.8.4

以前紹介したように、「Kubuntu」の開発チームは新しいバージョンの「KDE Plasma 5.8.4」を「Kubuntu」に提供するため、バックポート作業を行っていました。



この作業が完了し、「Kubuntu」ユーザーは「KDE Plasma 5.8.4」を「Kubuntu」にインストールできるようになりました。


ユーザーは「Kubuntu Backports PPA」を利用すれば、「KDE Plasma 5.8.4」を「Kubuntu」にインストールできます。

KDE Plasma 5.8.4」は2016年11月22日リリースされた「KDE Plasma」です。

メジャーバージョンアップになるため、様々な機能や不具合の修正に期待できます。

アプリもバージョンアップする

KDE Plasma 5.8.4」の提供と共に、2016年11月15日にリリースされた「KDE Frameworks 5.28」と、2016年7月12日にリリースされた「KDE Applications 16.04.3」も提供されます。

従って「Dolphin」や「Konsole」、「Kate」といったアプリケーションもバージョンアップし、不具合の修正や新機能の実装の恩恵にあずかれます。

ただし「Kubuntu 16.10」では、すでに「KDE Applications 16.04.3」が採用されています。 
特に「Kubuntu 16.04」ユーザーにとって嬉しいアップデートとなるでしょう。

Kubuntuの対象バージョン

「KDE Plasma 5.8.4」をインストールできる「Kubuntu」の対象バージョンは、以下の2種類です。

  • Kubuntu 16.10
  • Kubuntu 16.04

KDE Plasma 5.8.4をインストールするには

KDE Plasma 5.8.4」をインストールする方法です。
ここでは例として、「Kubuntu 16.10」に「KDE Plasma 5.8.4」をインストールしてみます。
「Kubuntu 16.04」でも作業内容は同じです。

「Kubuntu 16.10」では、以下のバージョンが採用されています。


注意

テスト版の「KDE Plasma 5.8.4」をインストールしている人は、事前に「ppa:kubuntu-ppa/backports-landing」をパージしておきましょう。
PPAをパージする方法は、上記リンク先の「元に戻すには」を参考にしてください。

1.PPAの追加

以下の「PPA」を追加します。
すでにこの「PPA」を追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:kubuntu-ppa/backports

「端末」からPPAを追加する場合は、以下のコマンドを実行します。

sudo add-apt-repository ppa:kubuntu-ppa/backports


2.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt update


3.パッケージのアップデート

以下のコマンドを実行し、パッケージをアップデートします。

sudo apt dist-upgrade


以下のようにパッケージのアップデート確認が表示されたら、「エンター」キーを押します。


4.PCの再起動

パッケージのアップデートが完了したら、アップデートを反映するため、PCを再起動します。

5.バージョンの確認

「KInfocenter」を起動して、バージョンを確認します。


「Kubuntu 16.04」では、以下のようになります。



関連記事一覧
オプション