kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

MATE 1.16.1が利用可能に

2017年1月14日、「Ubuntu MATE 16.04」にて「MATE 1.16.1」が利用可能になりました。
「MATE 1.16」は、現在最新版のMATEデスクトップ環境です。



「Ubuntu MATE」のコミュニティーでは、「Ubuntu MATE 16.04」でいつ「MATE 1.16」が利用できるようになるのかが関心事の一つでしたが、今「MATE 1.16」が利用できるようになりました。

Ubuntu MATE 16.04のMATE

「Ubuntu MATE 16.04」では「MATE 1.12」がインストールされています。


この環境を「MATE 1.16」へアップグレードすることができます。

MATE 1.16の提供に時間がかかった理由

「MATE 1.16」は2016年9月にリリースされましたが、十分なテストを行うのに時間が必要だったため、「Ubuntu MATE 16.04」向けに「MATE 1.16」を提供するのに数カ月の時間を要しました。

今回提供している「Ubuntu MATE 16.04」向け「MATE 1.16」は、今後リリースが予定されている「Debian 9」のパッケージをベースとしています。

「Debian」で発覚した問題の修正を行い、その他「MATE 1.16」で見つかった不具合の修正を待ってから、提供する予定であったためです。

そのためマイナーアップデートした「MATE 1.16.1」が「Ubuntu MATE 16.04」向けに提供されることになりました。

多くのソフトウェアはGTK+2でビルドされている

「Ubuntu MATE 16.10」と異なり、多くのソフトウェアは互換性を確保するため「GTK+2」でビルドされています。

以下のアプリのみ、「GTK+3」でビルドされています。

  • Engrampa
  • MATE Notification Daemon
  • MATE PolKit
  • MATE Session Manager
  • MATE Terminal

MATE 1.16.1をインストールするには

「Ubuntu MATE 16.04」に「MATE 1.16.1」をインストールする方法です。

すでにMATE 1.14をインストールしている場合

すでに以前紹介した方法で「MATE 1.14」をインストールしている場合、「ソフトウェアの更新」を起動してソフトウェアをアップデートするだけでOKです。


mate-volume-control-applet.desktopの確認画面が表示されたら

アップデート中に「mate-volume-control-applet.desktop」に関する確認画面が表示されたら、「そのまま」ボタンをクリックしてください。


1.PPAの追加

「MATE 1.16.1」は、「MATE for Xenial PPA」で提供されています。

以下のPPAを追加します。
すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:ubuntu-mate-dev/xenial-mate


2.ソフトウェアの更新

「ソフトウェアの更新」を起動し、アップデートを行います。
以下のように、部分的なアップグレードが促されます。


「部分的なアップグレード」ボタンをクリックします。


3.アップグレード内容の確認

以下のようにアップグレード内容の確認画面が表示されるので、「アップグレードを開始」ボタンをクリックします。


4.確認画面

アップグレード途中で、「mate-volume-control-applet.desktop」に関する確認画面が表示されたら、「そのまま」ボタンをクリックしてください。


5.アップグレード完了

「Upgrade complete」画面が表示されれば、アップグレード完了です。


アップグレードを反映するため、ここでPCを再起動してください。

6.MATEのバージョンの確認

「mate-about」を起動し、MATEのバージョンが「1.16.1」になっているか確認します。


以上で完了です。

ネットワークモニターについて

「mate-netspeed」パッケージが削除され、「mate-applets」パッケージに統合されています。
「mate-netspeed」パッケージは、「ネットワークモニター」アプレットを提供するパッケージです。


「mate-applets」パッケージに統合されているため、「mate-netspeed」パッケージが削除されても引き続き「ネットワークモニター」アプレットが利用できます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション