kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Briskメニュー

新しいアプリケーションメニューであるBriskメニューが利用できるようになりました。


「Xubuntu」の「Whisker Menu」に似たデザインであり、使い勝手も似ています。


これらのメニューはシンプルなだけでなく使い勝手も良いため、多くのユーザーにおすすめできるメニューになるでしょう。

Briskメニューをインストールするには

「Ubuntu MATE 16.10」にBriskメニューをインストールする方法です。

1.PPAの追加

以下のPPAを追加します。
すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:flexiondotorg/brisk-menu
 

2.Briskメニューのインストール

以下のボタンをクリックして「mate-applet-brisk-menu」パッケージをインストールします。


以上でインストールは完了です。

3.Briskメニューの追加

Briskメニューを追加したいパネルを右クリックし、「パネルへ追加」をクリックします。
以下の画面が表示されるので、「Brisk Menu」を選択して「追加」ボタンをクリックし、パネルにBriskメニューを追加します。


4.Briskメニュー

以下のようにBriskメニューが利用できるようになります。



関連記事一覧
オプション