kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 15007の変更点

2017年1月13日にリリースされた「Build 15007」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 15007」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない機能の改善も行われています。

1.ソケットオプションのサポート改善

以下のソケットオプションがサポートされました。

  • IP_PKTINFO
  • IPV6_RECVPKTINFO

これにより改善する問題は、以下を参照してください。


2.物理アドレスを16バイトに制限

lxcore内で扱うネットワークインターフェースの物理アドレスを16バイトに制限(省略)しました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


不具合の修正

「Build 15007」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.CPUコアの使用率が100%になる不具合の修正

前回の既知の問題であったCPUコアの使用率が100%になる不具合が修正されました。

既知の問題

既知の問題です。

1.Ctrl+Cが動作しない

「Ctrl+C」が動作しません。
「Ctrl+C」キーを押すと、「C」キーが押されたのと同じ動作を行います。


回避策

「Ctrl+K」キーを「Ctrl+C」にマップします。
以下のコマンドを実行すれば、「Ctrl+K」を押したときに「Ctrl+C」の動作を行わせることができます。

stty intr \^k

これは一時的な変更です。
永続的に変更したい場合は、「.bashrc」に上記のコマンドを記述してください。

Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:709(前回:690)
  • テストに失敗した項目数:255(前回:274)

テスト結果

「LTP」のテスト結果は、以下で参照できます。



関連記事一覧
オプション