kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

VirtualBox 5.1.16がリリースされました

2017年3月8日に「VirtualBox 5.1.16」がリリースされました。



VirtualBoxのアップデート

VirtualBoxのリポジトリーを利用している人は、「ソフトウェアの更新」で「VirtualBox 5.1.16」にアップデートできます。


注意

「VirtualBox 5.1.16」にアップデートする時は、必ず事前に「VirtualBox」が起動していないことを確認してください。
「VirtualBox」が起動している状態でアップデートを行うと、アップデートに失敗します。

VirtualBox拡張パックのインストール

「VirtualBox」アップデート後に「VirtualBox」を起動すると、VirtualBox拡張パックのインストールが促されます。


VirtualBox拡張パックをインストールすると、USB 3.0ホストコントローラーの利用など、VirtualBoxで利用できる機能が増えます。
画面の案内に従い、VirtualBox拡張パックをインストールしておきます。

パスワードの入力が表示されたら、現在ログインしているユーザーのパスワードを入力してください。

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は、「ファイル」メニューを開き「アップデートを確認」をクリックしてください。


VirtualBox拡張パックのインストーラー削除

VirtualBox拡張パックインストール後、以下のようにVirtualBox拡張パックのインストーラーの削除画面が表示されます。


一度インストールすればインストーラーは不要なので、「削除」ボタンをクリックして削除すると良いでしょう。

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxを新規にインストールする場合は、「VirtualBox 5.1.0をインストールするには」を参考にしてください。

Ubuntu 16.10を利用している場合

「Ubuntu 16.10」を利用している場合、「開発コード(略名)」が「yakkety」になるためコマンドの入力内容に注意してください。

VirtualBox 5.1.16の変更点

 「VirtualBox 5.1.16」の変更点は、「ChangeLog」を参考にしてください。
今回のリリースはメンテナンスリリースなので、不具合の修正が主な変更点になります。

リリースアナウンス:Oracle VM VirtualBox 5.1.16 now available for download!
変更点:Changelog for VirtualBox 5.1
ダウンロード:Download VirtualBox
 

仮想マシン

  • KVMのバグ回避のため、dual-monitor treatmentが無効になっている場合、MSRのMSR_IA32_SMM_MONITOR_CTLにアクセスしないように変更
  • VT-xをサポートしていない古いCPUでMSRの処理に関する問題を修正
  • CPUID/HTTビットが設定されていないホスト上で、保存されたSMPゲストの仮想マシンを起動する時に発生するVERR_SSM_LOAD_CPUID_MISMATCHエラーの修正
  • call gate emulationの不具合修正
  • FWAIT命令の修正
  • 特定の状況でゲストが散発的にハングする問題の修正
  • PCIブリッジのプライマリーバスの初期化に関する問題の修正(ICH9)

GUI

  • ある特定のX11環境(ホスト)で、タスクバーとページャーからミニツールバーを非表示にした
  • VirtualBox環境設定の「ネットワーク > ホストオンリーネットワーク > DHCPサーバー」画面のエラー処理の改善


  • マルチディスプレイ環境におけるフルスクリーンに関する問題の修正

ネットワーク

  • Windows 10ホスト上でホストオンリーネットワークアダプターがVirtualBoxのインストールを妨げる問題の修正
  • DHCPサーバーがクラッシュする問題の修正

ストレージ

  • Windows 10向けにLsiLogicの修正

USB

  • デバイス名に無効な文字を含むUSBデバイスが接続できない問題の修正
  • USB/IPサポートの改善

Linux向け修正

  • 不必要にカーネルモジュールを再ビルドしないように修正
  • デスクトップエントリーファイルにVM VirtualBoxマネージャーを開くアクションを追加
  • Linux Kernel 4.11で発生するコンパイルの問題を修正

Linux向け修正(Guest Additions)

  • vboxsfにfs-vboxsfエイリアス追加
  • Linux Kernel 4.10上で共有フォルダーのカーネルモジュールのコンパイルに対応
  • /etc/depmod.dがないディストリビューションでも、カーネルモジュールを適切にインストールするように修正

その他

  • シャットダウン中にVBoxSVCがクラッシュする問題の修正
  • WindowsデバッグビルドでVBoxSVCがスタックオーバーフローを起こす問題の修正
  • 10を超えるネットワークアダプタ―を持つアプライアンスのインポートに対応
  • 大量のストレージを持つアプライアンスのインポートに対応
  • modifyhd --resizeの不具合修正
  • Windows 10ホスト上で3Dアクセラレーション有効時にゲストOSがクラッシュする問題を修正

仮想マシンにUbuntu 16.10をインストール

ホスト「Ubuntu 16.10 64bit」 + 仮想マシン「Ubuntu 16.10 64bit」の環境に、「Guest Additions」をインストールして利用してみましたが、現状特に問題は起きていません。


Unityも3Dアクセラレーションが有効な状態で動作しています。


Unity 8は起動せず

「Ubuntu 17.04」デイリービルドで「Unity 8」が起動するかどうか試してみましたが、ログイン画面から先に進まず「Unity 8」は起動できませんでした。


Guest Additionsをインストールし、3Dアクセラレーションを有効にしておく

仮想マシンにUbuntuをインストールした後やVirtualBoxをアップデートした後は、忘れずに「Guest Additions」をインストールしておきましょう。


Guest Additions」のインストール状況は、「セッション情報」から確認できます。


また忘れずに、仮想マシンの設定で3Dアクセラレーションを有効にしておきましょう。



関連記事一覧
オプション