kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 16.04向けにYunitパッケージを提供

2017年7月12日に、「Yunit」が「Ubuntu 16.04」向けにYunitパッケージをリリースしました。



Yunit」は「Unity 8」をフォークし、「Yunit」デスクトップ環境を開発するプロジェクト及びコミュニティーです。

ここでは「Ubuntu 16.04」にYunitパッケージをインストールする方法を紹介します。

注意事項

Yunitパッケージをインストールする上で、いくつか注意事項があります。

テスト済みOS

今回リリースされたYunitパッケージは、以下のOSでテストされています。

  • Ubuntu 16.04
  • Ubuntu GNOME 16.04
  • Lubuntu 16.04
  • Xubuntu 16.04 

いずれも64bit版のみが対象です。
また以下のフレーバーでは、Qtの非互換により環境が壊れるため、利用できません。

  • Kubuntu 16.04
  • Ubuntu MATE 16.04

Qtに互換性なし

「Yunit」はQtで開発されており、「Ubuntu 16.04」が提供するQtよりも新しいバージョンのQtを採用しています。

そのため「Yunit」をインストールすると、既存のQtアプリケーションやQtに依存するソフトウェアが動作しなくなります。

元の状態に戻すには手間がかかるため、普段利用しているPCに「Yunit」をインストールするのは避けましょう。

オープンソースのドライバーを

NVIDIAのプロプライエタリードライバーでは、「Yunit」が動作しません。
事前にオープンソースのドライバーに戻してから、「Yunit」をインストールしてください。

他メーカーのGPUでも同様に、オープンソースのドライバーに戻しておくと良いでしょう。

Yunitパッケージをインストールするには

Yunitパッケージをインストールする方法です。
ここでは例として「Ubuntu 16.04 64bit版」にYunitパッケージをインストールします。

1.リポジトリーの追加

「端末」を起動し、以下のコマンドを1行ずつ実行します。

wget -qO - https://archive.yunit.io/yunit.gpg.key | sudo apt-key add
echo 'deb [arch=amd64] http://archive.yunit.io/ubuntu/ xenial main' | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yunit.list
echo 'deb-src http://archive.yunit.io/ubuntu/ xenial main' | sudo tee --append /etc/apt/sources.list.d/yunit.list

2.yunit-desktopのインストール

次に以下のコマンドを1行ずつ実行します。

sudo apt update
sudo apt full-upgrade
sudo apt install yunit-desktop

インストールが完了したら、PCを再起動してください。

3.ログイン

ログイン画面が表示されます。


デスクトップ環境が「Yunit」になっていることを確認します。


もしデスクトップ環境が「Yunit」になっていなかったら、同ボタンをクリックし、「Yunit」を選択してからログインしてください。


4.デスクトップ画面

以下のように「Yunit」デスクトップ環境が利用できます。






関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション