kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Windows Terminal

「Microsoft」から新しいターミナルアプリケーションが発表されました。
「Windows Terminal」は、モダンで高速、効率的でパワフル、そして生産的な新開発のターミナルアプリケーションです。



「Windows Terminal」は、コマンドプロンプトや「PowerShell」、「WSL」といったコマンドラインツールを活用しているユーザーにお勧めのターミナルアプリケーションになるでしょう。


Windows TerminalはMicrosoft Storeから提供される

「Windows Terminal」は、「Microsoft Store」経由で「Windows 10」向けに提供される予定です。
また定期的なアップデートの提供も行われ、ユーザーは常に最新の「Windows Terminal」を、最新の機能や改良と共に利用することができます。

リリーススケジュール

「Windows Terminal」プレビュー版のリリースは、2019年夏に予定されています。
また安定版の「Windows Terminal 1.0」のリリースは、2019年冬に予定されています。

Windows Terminalの注目機能

「Windows Terminal」の注目機能を紹介します。

1.マルチタブのサポート

「Windows Terminal」はマルチタブのサポートが行われ、コマンドプロンプト、「PowerShell」、「Ubuntu on WSL」そして「Raspberry Pi via SSH」など、複数のCLIツールを1つのウィンドウで実行できます。


2.美しいテキストの描画

「Windows Terminal」はGPUアクセラレーションに対応した「DirectWrite/DirectX」ベースのテキスト描画エンジンを利用しています。
PCにインストールされているフォントを利用して、テキストの文字、グリフ、シンボルを描画します。


もちろん以下の文字の描画もサポートします。

  • CJK表意文字(Chinese/Japanese/Korean)
  • 絵文字
  • Powerlineシンボル
  • アイコン
  • プログラミング向けの合字

高速なテキストの描画

GDIエンジンを利用してテキストを描画する従来のコンソール(cmd.exe)と比較して、「Windows Terminal」はより高速にテキストを描画します。

3.新しいモノスペースフォント

新しいモノスペースフォント(固定幅フォント)が提供されます。
より優れたモダンなルック&フィールをターミナルに提供します。


このモノスペースフォントはプログラミング向けの合字を含むだけでなく、オープンソースとして公開され、自身のリポジトリーを持ちます。
詳細は後日紹介される予定です。

4.設定と高度なカスタマイズ

「Windows Terminal」は多様な設定とカスタマイズ機能を提供します。
例えばターミナルの見た目を変更したり、新しく開くタブの各シェル及びプロファイルの高度なカスタマイズが可能です。
「Windows Terminal」は構造化テキストファイルとして保存されるため、ユーザーは直接設定を編集することも可能です。

各シェルやアプリ、ツールごとに複数のプロファイルを作成できます。
プロファイルにはフォントスタイルやフォントサイズ、カラーテーマ、背景の透過やブラーレベル等の設定が含まれています。
ユーザーは独自のカスタマイズされたスタイルを構築でき、お気に入りのデザインで「Windows Terminal」を利用できます。

Windows Consoleもオープンソースに

「Windows Terminal」だけでなく「Windows Console」もオープンソースになり、ユーザーは「GitHub」上のリポジトリーからこれらソフトウェアのクローンやビルド、そして実行及びテストが可能になりました。

リポジトリー(ソースコード)

「Windows Terminal」と「Windows Console」のソースコードは以下から入手できます。


なぜ既存のWindows Consoleの改良ではなく、新規にWindows Terminalを立ち上げたのか

既存の「Windows Console」を改良せず新規に「Windows Terminal」を立ち上げた理由は、既存のコマンドラインツールやスクリプト等との後方互換性を確保するためです。

大胆な改良は困難

以前紹介したようにすでに「Windows Console」には、VTのサポート追加や24bitカラーのサポートなど、様々な改良が行われています。
しかしコンソールのUIや互換性を確保しつつ、大きな改良を加えることは困難であり、「Windows Terminal」を新規に立ち上げることになりました。

共存可能

既存の「Windows Console」と「Windows Terminal」は共存してインストール及び実行できます。
「Cmd」や「PowerShell」を直接実行すれば、従来通り「Windows Console」上でこれらのツールが実行されます。

今後もWindows Consoleは提供される

「Windows Console」が無くなることはなく、今後も「Windows」と共に提供され続けます。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション