kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Ubuntuのインストール

  VirtualBoxにUbuntuをインストールします。
  VirtualBoxはUbuntu 32bit/64bitを標準でサポートしています。

  インストールも簡単です。

  事前にUbuntuのインストールディスクか、インストール用のCDイメージを用意しておきます。
  Ubuntuのダウンロードは以下を参考にしてください。

  Ubuntu 12.04 64bit インストール その1 - Ubuntuのダンロード
 

新規仮想マシンの作成

  まずは仮想マシンを作成します。

  1.仮想マシン作成ウィザードを開始する

    VirtualBoxマネージャーの左上にある「新規」ボタンをクリックします。


  2.ウェルカムメッセージ

    ウェルカムメッセージが表示されるので、「次へ」ボタンをクリックします。


  3.OSの選択

    インストールするOS(ゲストOS)を選択します。


    名前

      仮想マシンの名称です。
      任意の名称を入力します。

    オペレーティングシステム

      「Linux」を選択します。

    バージョン

      Ubuntu 32bitをインストールする場合は、「Ubuntu」を選択します。
      Ubuntu 64bitをインストールする場合は、「Ubuntu (64bit)」を選択します。


    設定したら「次へ」ボタンをクリックします。

  4.メモリ容量の指定

    メモリ容量を指定します。

    デフォルト値のままでも良いですがPCのメモリに余裕があるなら、
    64bit版では768MB程度指定しておくとよいでしょう。

    メモリ容量の指定は後から変更できます。


    設定したら「次へ」ボタンをクリックします。

  5.使用する仮想HDDの指定

   

    起動ディスク

      起動ディスクを指定します。
      このチェックを外すとディスクレスになります。

    新規ハードディスクの作成

      新規に仮想ハードディスク(HDDイメージ)を作成します。
      今回はこちらを選択します。

    既存のハードディスクを使用

      作成済みの仮想ハードディスク(HDDイメージ)を使用します。


    設定したら「次へ」ボタンをクリックします。

  6.仮想ハードディスクの種類の選択

    仮想ハードディスクの種類を選択します。
    通常は「VDI(VirtualBox Disk Image)」を選択すればOKです。


    他の仮想PCソフトとHDDイメージを共有したい場合は、
    その仮想PCソフトが対応している仮想ハードディスクの種類を選択します。

    設定したら「次へ」ボタンをクリックします。

  7.仮想ハードディスクの割り当て方法の選択

    この後仮想ハードディスクのサイズを指定しますが、
    その際に仮想ハードディスクイメージファイルをどのように作成するのか選択します。


    Dynamically allocated

      必要とされるサイズのみを確保します。
      通常はこちらを選択します。

      例えばVirtualBoxにインストールしたUbuntuが5GBだった場合、
      5GB必要とされた時点で仮想ハードディスクイメージのファイルサイズが5GBに増えます。

      使う分だけファイルサイズが確保されます。

      ただし増えた後に使用している容量が減っても、
      自動的にファイルサイズが削減されることはありません。
   
      「Fixed size」に比べてPCのHDD容量を節約できますが、パフォーマンスが多少落ちます。

    Fixed size

      指定された仮想ハードディスクのサイズ分をあらかじめ確保します。
      パフォーマンスはこちらのほうが良いですが、PCのHDDの使用効率は落ちます。


    設定したら「次へ」ボタンをクリックします。

  8.仮想ハードディスクのサイズ指定

    仮想ハードディスクの作成場所やファイル名、サイズを指定します。


    場所

      仮想ハードディスクの作成場所とファイル名を指定します。
      デフォルトのままでよいです。

    サイズ

      仮想ハードディスクのサイズを指定します。

      デフォルトの8GBでもよいですが、
      「Dynamically allocated」を選択しているなら16GB程度確保しておいてもよいでしょう。

    設定したら「次へ」ボタンをクリックします。

  9.仮想ハードディスクの設定確認

    作成する仮想ハードディスクの設定を確認します。
    設定をやり直す場合は、「戻る」ボタンをクリックします。


    設定内容に問題がないなら、「Create」ボタンをクリックします。

  10.仮想マシンの設定確認

    作成する仮想マシンの設定を確認します。
    設定をやり直す場合は、「戻る」ボタンをクリックします。


    設定内容に問題がないなら、「Create」ボタンをクリックします。

仮想マシンの設定

  Ubuntuをインストールする前に仮想マシンの設定を行います。

  注意:
    ハードウェアの設定を変更すると、ゲストOSであるUbuntuが起動しなくなる場合があります。
    良く分からない項目は、デフォルトのままにしておきましょう。

  システム > マザーボード


    メモリ容量の設定

      仮想マシンを作成する際に指定していますので、
      変更する必要がない場合はこの手順を飛ばします。

    IO APICの有効化

      ゲストOSでマルチCPUを利用するなら、チェックをオンにします。

  システム >プロセッサ


    プロセッサ数

      ゲストOSで利用するプロセッサ数を指定します。
      CPUが4つ以上の論理コアを持っているなら、2つ程度に設定すると良いでしょう。

    PAE/NXを有効化

      Ubuntu 12.04 32bit版をインストールするなら、このチェックをオンにします。

  ディスプレイ > ビデオ


    ビデオメモリ

      デフォルトのままか、余裕があれば32MB以上にします。

    3Dアクセラレーションを有効化

      Unity 3Dを有効にするには、このチェックをオンにします。

Liveメディアから起動する

  インストールするにあたり、
  まずはUbuntuのライブメディアを仮想CD/DVDドライブにセットします。

  1.仮想CD/DVDドライブの設定

    仮想マシンの設定から「ストレージ」を選択します。
    仮想CD/DVDドライブを選択し、 右側の設定ボタンをクリックします。

 

  2.マウント方法の選択

    以下のメニューが表示されます。


    UbuntuのCDイメージをマウントする場合は、
    「仮想CD/DVDディスクファイルの選択」をクリックします。
    ファイル選択画面が表示されるので、ダウンロードしたCDイメージを選択します。


    実メディアを利用する場合は、「ホストドライブ」を選択します。


  後はVirtual Boxから仮想マシンを起動し、Ubuntuをインストールします。
  
  Ubuntuをインストールについては、
  Ubuntu 12.04 64bit インストール その4 - 起動メディアからUbuntuを起動する
  参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション