kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ホストオンリーネットワーク

  ホストオンリーネットワークは仮想マシンを動作させているホストと、
  仮想マシンをつなぐネットワークインターフェースです。

  ホストオンリーネットワークを追加することで、
  ホスト・仮想マシン間でリモートサービスを利用できるようになります。

  またホスト側に、ホストオンリーネットワークのネットワークインターフェースが追加されます。

  仮想マシンからSambaでホストの共有フォルダーにアクセスできない場合などに、
  利用してみるとよいでしょう。

  このネットワークインターフェースはホスト・仮想マシン間の通信で利用されるものであり、
  仮想マシンからインターネットへの接続はできません。

  従って仮想マシンでは、
  デフォルトで仮想マシンに追加されるNATネットワークインターフェースと、
  ホストオンリーネットワークを併用するとよいでしょう。

ホスト側の準備

  事前に仮想マシンは終了しておきます。
  まず、ホストオンリーネットワークインターフェースを追加します。

  1.設定画面の表示

    「ファイル」メニューから「環境設定」をクリックし、設定画面を開きます。


  2.ホストオンリーネットワークインターフェースの追加

    左側のリストから「ネットワーク」を選択し、追加アイコンをクリックします。


  3.インターフェースの設定

    以下のように「vboxnet0」が追加されます。
    これがホストオンリーネットワークインターフェースです。


    「vboxnet0」を選択しドライバーアイコンをクリックして、
    IPアドレスやDHCPサーバーの設定を行います。

    基本的にデフォルト設定のままでも良いですが、
    自分のネットワーク環境によっては設定が必要になります。

    アダプターの設定

      ホストに追加されるネットワークインターフェースの設定です。
      IPv4アドレスは他のネットワークインターフェースのIPv4アドレスと重複しないようにします。
      プライベートアドレスを割り振ると良いでしょう。


      IPv6は設定せず空のままでも良いです。

    DHCPサーバー

      DHCPサーバーを有効にすると、
      仮想マシンのホストオンリーネットワークインターフェースに
      自動でIPv4アドレスが割り振られるようになります。 

      自分でプライベートアドレスを割り当てるなら、
    「DHCPサーバー」は有効化しなくても良いです。


    例)
設定項目 設定例
サーバーアドレス 192.168.56.2
サーバーマスク 255.255.255.0
アドレス下限 192.168.56.10
アドレス上限 192.168.56.20



    後は「OK」ボタンをクリックして設定画面を閉じます。

  4.ネットワークインターフェースの確認

    ネットワークツールを起動し、ネットワークインターフェースが認識されているか確認します。
    「ネットワーク・デバイス」の一覧メニューから、「vboxnet0」を選択します。


    上記のようになっていればOKです。

    この時点でIPアドレスが割り振られていませんが、
    仮想マシンを起動すればIPアドレスが割り振られます。

仮想マシン側の準備

  次に仮想マシン側の準備です。
  先ほど追加した「vboxnet0」をネットワークアダプターとして登録します。

  1.仮想マシンの設定画面を開く

    ホストオンリーネットワークに対応したい仮想マシンを選択して、
    「設定」ボタンをクリックします。
    

  2.ホストオンリーアダプターの登録

    左側のリストから「ネットワーク」を選択し、
    「アダプター2」(あるいは未使用のアダプター)タブを選択します。


    「ネットワークアダプタを有効化」チェックをオンにし、
    「割り当て」から「ホストオンリーアダプター」を選択します。

    次に「名前」から「vboxnet0」を選択します。

    「高度」の設定は初期値のままでOKです。

    「OK」ボタンをクリックして設定画面を閉じます。

  3.仮想マシンの起動

    ホストオンリーアダプターを登録した仮想マシンを起動します。
    

ホストオンリーネットワークの確認

  ホストオンリーネットワークが機能しているか確認します。

  1.ホストのネットワークツールで確認 

    仮想マシンを起動してホストの ネットワークツールを起動すると、
    以下のようにIPアドレスが割り振られているのが分かります。


  2.ゲストOSのUbuntuで確認

    ネットワークインジケーターを開くと、
    NATアダプターとホストオンリーアダプターの2つが出てきます。

    「接続情報」をクリックすると以下のようにホストオンリーアダプターの情報が表示されます。
    IPv6は無効になっています。


    また「接続を編集する」をクリックしてホストオンリーアダプターの情報を表示すると、
    以下のようになっています。

    今回DHCPサーバーを利用していないので、自分で固定アドレスを割り振っています。


    IPv6は無効になっています。


  3.pingで確認

    ホスト及び仮想マシンからお互いにpingをして確認します。

    ホストから仮想マシンへpingすると、
    以下のように「到達したパケットの割合」が100%になります。


    今度は仮想マシンからホストへpingすると、
    以下のように「到達したパケットの割合」が100%になります。


  後はSamba等のサービスが利用できているか確認してみてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション