kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

encfsctlコマンド

  encfsctlコマンドは、EncFSを管理するコマンドです。
  ソースディレクトリーの情報を表示したり、パスワードの変更等が可能です。

  EncFSをインストールすれば、このコマンドもインストールされます。

  「encfsctl」コマンドのフォーマット

    以下のようなフォーマットになっています。

      encfsctl コマンド コマンドのオプション



コマンド

  コマンドで操作内容を指定します。

  「info」コマンド

    指定されたソースディレクトリーの暗号化設定情報を表示します。


  「passwd」コマンド

    指定されたソースディレクトリーのパスワードを変更します。


  「showcruft」コマンド

    指定されたソースディレクトリー内のファイル名をチェックし、復号化できないファイルの一覧を表示します。
    チェックするのはファイル名のみで、ファイルの中身やブロックのチェックは行いません。


  「decode」コマンド

    指定されたソースディレクトリーの暗号化設定ファイルを利用して、暗号化されたファイル名を復号化して表示します。
    コマンドのオプションに暗号化されたファイル名を指定します。
    また「--extpass」オプションを指定してパスワード入力を他のプログラムに任せることもできます。

  

  「encode」コマンド

    指定されたソースディレクトリーの暗号化設定ファイルを利用して、ファイル名を暗号化して表示します。
    コマンドのオプションにファイル名を指定します。
    また「--extpass」オプションを指定してパスワード入力を他のプログラムに任せることもできます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション