kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Lubuntu 13.04のインストール

  ライブメディアで起動できることを確認したら、次にLubuntu 13.04のインストールを行います。
  まずPCをライブメディアから起動し、「ライブメディアから起動」の手順「3.」まで進めます。

  4.インストール開始

    以下のように「Lubuntuをインストール」を選択し、「エンター」キーを押します。


  5.ようこそ

    左側の言語リストで「日本語」が選択されていることを確認して、「続ける」ボタンをクリックします。


  6.インストールの準備

    以下の画面が表示され、HDDの空き容量やインターネットへの接続状況が確認されます。
    また基本的なインストールオプションを選択することができます。


    インストール中にアップデートをダウンロードする

      アップデート確認を行い、必要に応じてソフトウェアのアップデートを行います。
      チェックを入れておきましょう。

    サードパティーのソフトウェアをインストールする

      MP3のコーデックやFlash等よく利用されるソフトウェアをインストールします。
      チェックを入れておきましょう。

    インターネットに接続していない場合

      インターネットに接続していなくてもインストールは可能ですが、アップデートやサードパーティー製ソフトウェアのインストールは行えません。

      その場合、インストール後にインターネットに接続し、アップデート等を行う必要があります。

    設定したら「次へ」ボタンをクリックします。

  7.インストール方法の選択

    以下の画面が表示されるので、インストール方法の選択を行います。


    今回は未使用の100GBのHDDにLubuntu 13.04をインストールします。

    LVMについて

      LVMは複数のHDDを一つに見せる仕組みで、Windowsでいうところのダイナミックディスクのような機能です。
      LVMの機能を有効にしたHDD管理は、LVMの管理機能を使用してHDDの管理を行う必要があります。
      よく分からない場合は選択しないほうが良いでしょう。

  8.手動でパーティションの設定を行う

    今回は手動でパーティションの作成や設定を行います。
    以下のように「それ以外」を選択して「続ける」ボタンをクリックします。


  9.パーティションテーブルの作成

    未使用のHDDなので、パーティションテーブルを作成する必要があります。
    パーティションテーブルを作成すると、HDD内のすべてのパーティションが削除されます。

    「空き領域」や既存のパーティションが表示されている場合、パーティションテーブルは作成済みですが、再作成することも可能です。
    既存のパーティションテーブルをそのまま利用する場合は、手順「11.」に飛んでください。

    Lubuntu 13.04のインストール先HDDのデバイスファイルを選択して、「新しいパーティションテーブル」ボタンをクリックします。


    デバイスファイルについて

      「UbuntuのHDD管理 その1 - HDDの管理方法」を参考にしてください。

    パーティションについて

      以下を参考にしてください。


  10.パーティションテーブル作成の確認

    以下の確認が表示されるので、「続ける」ボタンをクリックします。


    以下のようにパーティションテーブルが作成され、「空き領域」が表示されます。


    パーティションテーブルについて

      作成されるパーティションテーブルはHDDの容量が2TBを超える場合、GPT形式になります。
      2TB以下の場合はMBR形式になります。

  11.ルートパーティションの作成

    ルート(/)にマウントするパーティションを作成します。
    このパーティション内にLubuntuやアプリがインストールされます。
    「空き領域」を選択して「+」ボタンをクリックします。


  12.パーティションの設定

    以下の画面が表示されるので、作成するパーティションの設定を行います。
    MBR形式のパーティションテーブルで表示される画面です。
    GPT形式の場合、画面が多少異なります。


    サイズ

      パーティションのサイズをMBで指定します。

    新しいパーティションのタイプ

      MBR形式なので、「基本パーティション」と「論理パーティション」を選択します。
      この選択はWindowsと同じです。

    新しいパーティションの場所

      パーテションの確保位置を選択します。
      通常は「この領域の始点」を選択します。

    利用方法

      パーティションのファイルシステムをメニューから選択します。
      「ext4 ジャーナリングファイルシステム」を選択します。

    マウントポイント

      パーティションのマウントポイントをメニューから選択します。
      ルートパーティションなので「/」を選択します。

    ここでは以下のように設定しました。


    設定したら「OK」ボタンをクリックします。

  13.ルートパーティションの作成完了

    以下のようにルートパーティションが作成されます。


  14.スワップパーティションの作成

    次にスワップパーティションを作成します。
    「空き領域」を選択して「+」ボタンをクリックします。


  15.スワップパーティションの設定

    以下の画面が表示されるので、作成するスワップパーティションの設定を行います。


    内容は手順「12.」と同じですが、「利用方法」で「スワップ領域」を選択してください。
    以下のようになります。


    設定したら「OK」ボタンをクリックします。

  16.スワップパーティション作成完了

    以下のようにスワップパーティションが作成されます。


  17.ブートローダーの設定

    最後にブートローダーをインストールするHDDを選択します。
    ここで選択したHDDが起動ディスクになります。


    設定したら「インストール」ボタンをクリックします。
    後編に続きます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション