kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

認証ログ

  認証ログは、ユーザーの認証に関するログです。
  ユーザーのログインやリモートログイン、sudo、PAM(Pluggable Authentication Module)などユーザーの認証を行うと、このログに情報が出力されます。

  不正なユーザーがアクセスしていないか調べるのにも有効です。

  認証ログは「/var/log/auth.log」です。


  ログの中身

    ログを開くと、時間及びユーザーの認証情報が出力されています。

    

  ログの例

    端末から以下のコマンドを実行します。

      gksudo nautilus

    認証ログに以下のようなログが出力されます。

sudo:   ubuntu : TTY=pts/1 ; PWD=/home/ubuntu ; USER=root ; COMMAND=/usr/bin/nautilus
sudo: pam_unix(sudo:session): session opened for user root by ubuntu(uid=1000)

    ちなみに上記のコマンドで意図的にパスワードを間違える(ユーザーの認証に失敗)と、以下のようなログが出力されます。

sudo: pam_unix(sudo:auth): authentication failure; logname=ubuntu uid=1000 euid=0 tty=/dev/pts/1 ruser=ub
sudo: pam_unix(sudo:auth): conversation failed
sudo: pam_unix(sudo:auth): auth could not identify password for [ubuntu]
sudo: pam_unix(sudo:auth): conversation failed
sudo: pam_unix(sudo:auth): auth could not identify password for [ubuntu]
sudo:   ubuntu : 3 回パスワード試行を間違えました ; TTY=pts/1 ; PWD=/home/ubuntu ; USER=root ; COMMAND=/usr/bin/nautilus

Xサーバーログ

  Xサーバーログには、グラフィックカードやグラフィックドライバーの情報、キーボード・マウスなど入力デバイスの情報が出力されます。

  Ubuntuは起動するけどログイン画面が表示されない時など、Xサーバーが起動に失敗するときにこのログ参照するとよいでしょう。
  またUbuntu使用中にいきなりログイン画面に戻る場合や画面がフリーする場合など、グラフィックに関係ありそうな現象が発生した時もこのログ参照するとよいでしょう。 

  Xサーバーログは「/var/log/Xorg.0.log」です。


  ログの中身

    ログを開くと、Xサーバーの各種情報が出力されています。
    各行に表示される(EE)や(WW)などを参考に、情報を抽出するとよいでしょう。
    これらのマークについては後述します。


  Xサーバーログを調べるときは

    Xサーバーログを調べるときは、ログイン画面が表示されないなどの現象を確認した後、PCを再起動します。
    再起動したらリカバリーモードで起動し、Xサーバーログを開きます。
    リカバリーモードではXサーバーが起動していないため、現象発生時のログを確認することができます。
    ライブメディアからUbuntuを起動しても良いです。

    ログを開いたら(EE)の行を探し、その(EE)の内容や(EE)より前の行にある(WW)の内容を確認します。

  (--)マーク

    Xサーバーがチェック・検出したハードウェアの情報です。

    以下はログから抜粋したRadeonの情報です。
    ちなみに「fglrx」は、Radeonのプロプライエタリードライバーのことです。

[    60.780] (--) Chipset Supported AMD Graphics Processor (0x68B8) found
[    61.000] (--) framebuffer bpp 32
[    61.005] (--) fglrx(0): Chipset: "ATI Radeon HD 5700 Series" (Chipset = 0x68b8)
[    61.005] (--) fglrx(0): (PciSubVendor = 0x174b, PciSubDevice = 0x1482)
[    61.005] (--) fglrx(0): Linear framebuffer (phys) at 0xc0000000
[    61.005] (--) fglrx(0): MMIO registers at 0xfbd20000
[    61.005] (--) fglrx(0): I/O port at 0x0000e000
[    61.007] (--) fglrx(0): Video RAM: 1048576 kByte, Type: GDDR5
[    61.007] (--) fglrx(0): Using per-process page tables (PPPT) as GART.
[    61.247] (--) Depth 24 pixmap format is 32 bpp

    マウスは以下のように検出されています。

[    62.555] (--) evdev: PixArt USB Optical Mouse: Vendor 0x93a Product 0x2510
[    62.555] (--) evdev: PixArt USB Optical Mouse: Found 3 mouse buttons
[    62.555] (--) evdev: PixArt USB Optical Mouse: Found scroll wheel(s)
[    62.555] (--) evdev: PixArt USB Optical Mouse: Found relative axes
[    62.555] (--) evdev: PixArt USB Optical Mouse: Found x and y relative axes

    キーボードは以下のように検出されています。

[    62.556] (--) evdev: Logitech Unifying Device. Wireless PID:2011: Vendor 0x46d Product 0xc52b
[    62.556] (--) evdev: Logitech Unifying Device. Wireless PID:2011: Found 1 mouse buttons
[    62.556] (--) evdev: Logitech Unifying Device. Wireless PID:2011: Found scroll wheel(s)
[    62.556] (--) evdev: Logitech Unifying Device. Wireless PID:2011: Found relative axes
[    62.556] (--) evdev: Logitech Unifying Device. Wireless PID:2011: Found absolute axes
[    62.556] (--) evdev: Logitech Unifying Device. Wireless PID:2011: Found keys

  (**)マーク

    Xサーバーの設定ファイルから読み込んだ内容です。
    Xサーバーの設定ファイルは、「/etc/X11」フォルダー内や「/usr/share/X11」フォルダー内にあります。

    以下はログから抜粋したRadeonの情報です。

[    61.246] (**) fglrx(0): Option "PreferredMode" "1920x1080"
[    61.246] (**) fglrx(0): Option "Position" "0 0"
[    61.246] (**) fglrx(0): Option "Disable" "false"
[    61.246] (**) fglrx(0): Option "Rotate" "normal"
[    61.246] (**) fglrx(0): Option "TargetRefresh" "60"

    「/etc/X11/xorg.conf」の以下の内容が読み込まれていることが分かります。

Section "Monitor"
    Identifier   "0-DFP4"
    Option        "VendorName" "ATI Proprietary Driver"
    Option        "ModelName" "Generic Autodetecting Monitor"
    Option        "DPMS" "true"
    Option        "PreferredMode" "1920x1080"
    Option        "TargetRefresh" "60"
    Option        "Position" "0 0"
    Option        "Rotate" "normal"
    Option        "Disable" "false"
EndSection

  (==)マーク

    デフォルトの設定が適用された内容です。
    設定ファイルに記述されていない設定は、以下のようにデフォルト値が設定されます。

[    60.135] (==) Log file: "/var/log/Xorg.0.log", Time: Mon Jun 17 22:24:48 2013
[    60.135] (==) Using config file: "/etc/X11/xorg.conf"
[    60.135] (==) Using system config directory "/usr/share/X11/xorg.conf.d"
[    60.135] (==) ServerLayout "aticonfig Layout"
[    60.190] (==) No monitor specified for screen "aticonfig-Screen[0]-0".
[    60.190] (==) Automatically adding devices
[    60.190] (==) Automatically enabling devices
[    60.190] (==) Automatically adding GPU devices


  (++)マーク

    Xサーバー起動時にコマンドラインに指定されたオプションです。

[ 60.604] (++) using VT number 7

    Xサーバーは「lightdm」が起動しており、「vt」オプションは「lightdm」で指定しています。

  (II)マーク

    Xサーバーからの情報です。
    主にドライバーやモニターの設定、入力デバイスの情報が出力されます。

    以下のログは、Radeonプロプライエタリードライバーが読み込まれた時のログです。

[    52.296] (II) "glx" will be loaded by default.
[    52.296] (II) LoadModule: "glx"
[    52.296] (II) Loading /usr/lib/x86_64-linux-gnu/xorg/extra-modules/extra-modules.dpkg-tmp/modules/extensions/libglx.so
[    52.297] (II) Module glx: vendor="Advanced Micro Devices, Inc."
[    52.297]     compiled for 6.9.0, module version = 1.0.0
[    52.297] Loading extension GLX
[    52.297] (II) LoadModule: "fglrx"
[    52.326] (II) Loading /usr/lib/x86_64-linux-gnu/xorg/extra-modules/extra-modules.dpkg-tmp/modules/drivers/fglrx_drv.so
[    52.335] (II) Module fglrx: vendor="FireGL - AMD Technologies Inc."
[    52.335]     compiled for 1.4.99.906, module version = 9.1.11
[    52.335]     Module class: X.Org Video Driver
[    52.335] (II) Loading sub module "fglrxdrm"
[    52.335] (II) LoadModule: "fglrxdrm"
[    52.335] (II) Loading /usr/lib/x86_64-linux-gnu/xorg/extra-modules/extra-modules.dpkg-tmp/modules/linux/libfglrxdrm.so
[    52.506] (II) Module fglrxdrm: vendor="FireGL - AMD Technologies Inc."
[    52.506]     compiled for 1.4.99.906, module version = 9.1.11
[    52.506] (II) AMD Proprietary Linux Driver Version Identifier:9.01.11
[    52.506] (II) AMD Proprietary Linux Driver Release Identifier: 9.012                               
[    52.506] (II) AMD Proprietary Linux Driver Build Date: Dec 19 2012 14:41:10

  (!!)マーク

    警告ほどではないが注意を要する内容です。

  (WW)マーク

    警告です。
    基本的に警告で表示された内容は修正するのが望ましいのですが、中には修正しなくても良い内容(警告の程度が低い)や、そもそも修正したくても修正できない内容も含まれています。

    (EE)とあわせて見るとよいです。

    例えば、多くの環境で以下の警告が出ます。

[    52.294] (WW) The directory "/usr/share/fonts/X11/cyrillic" does not exist.
[    52.294]     Entry deleted from font path.
[    52.294] (WW) The directory "/usr/share/fonts/X11/100dpi/" does not exist.
[    52.294]     Entry deleted from font path.
[    52.294] (WW) The directory "/usr/share/fonts/X11/75dpi/" does not exist.
[    52.294]     Entry deleted from font path.
[    52.294] (WW) The directory "/usr/share/fonts/X11/100dpi" does not exist.
[    52.294]     Entry deleted from font path.
[    52.294] (WW) The directory "/usr/share/fonts/X11/75dpi" does not exist.
[    52.294]     Entry deleted from font path.
[    52.294] (WW) The directory "/var/lib/defoma/x-ttcidfont-conf.d/dirs/TrueType" does not exist.
[    52.294]     Entry deleted from font path.

    この警告は無視して良い内容です。
    xorg: directory "/usr/share/fonts/X11/cyrillic" does not exist.

  (EE)マーク

    エラーです。
    Xサーバーの起動や運用に問題が発生すると、この行が出力されます。
    ログイン画面が表示さないなど、問題が発生した場合にこの箇所を探すとよいです。

    例えば以下のログが見つかった場合、Radeonプロプライエタリードライバーの読み込みに失敗しています。

[  8012.109] (II) LoadModule: "fglrx"
[  8012.110] (WW) Warning, couldn't open module fglrx
[  8012.110] (II) UnloadModule: "fglrx"
[  8012.110] (II) Unloading fglrx
[  8012.110] (EE) Failed to load module "fglrx" (module does not exist, 0)
[  8012.110] (EE) No drivers available.

    一旦リカバリーモードで起動し、ドライバーの削除(オープンソースドライバーの利用に切り替える)や、ドライバーの再インストールを行うと状況が改善できる可能性があります。
    また、そもそもプロプライエタリードライバーが、グラフィックチップをサポートしているか確認しておきます。

  (NI)マーク

    Xサーバーの未実装の機能が利用された時に、その内容が出力されます。
    このログを見かける機会はあまりないと思いますが、念の為調査したほうが良いでしょう。

  (??)マーク

    不明な事象が発生した時に、その内容が出力されます。
    このログも見かける機会はあまりないと思いますが、もしこのログが出力された場合は念の為調査したほうが良いでしょう。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション