kledgeb UbuntuやLinuxの最新情報を紹介

Nautilusスクリプト

  「スクリプト」のボタンをクリックすると、Nautilusスクリプトの設定を行うことができます。


  以下の画面が表示されます。


  有効なスクリプト

    現在有効になっているスクリプトの一覧が表示されます。
    フォルダーを作成し階層化することも出来ます。
   
    フォルダーやスクリプトをまとめてアイテムと表記します。

  無効なスクリプト

    現在無効になっているスクリプトの一覧が表示されます。

  Nautilusスクリプトについて

    Nautilusスクリプトは、Nautilusでファイル等を右クリックした時に表示されるスクリプトです。
    選択されたファイルに対して処理を行います。


スクリプトを有効にする

  無効なスクリプト内のスクリプトを有効にします。

  1.スクリプトの選択

    有効にしたいスクリプトを「無効なスクリプト」の一覧から選択します。


  2.スクリプトの有効化

    選択したスクリプトを「有効なスクリプト」にドラッグ&ドロップします。


    複数フォルダーを作成している場合は、追加したいフォルダーにドロップします。

  3.完了

    以下のようにスクリプトが有効になります。


    Nautilusで確認すると、以下のようにスクリプトが有効になっています。


  Nautilusへの反映について

    即座に反映されますが、スクリプトメニューが更新されない場合は、Nautilusを再起動するか再ログインしてください。

フォルダーを作成する

  スクリプトはフォルダーを作成することで階層化することができます。

  1.フォルダーの作成

    アイテムを右クリックして表示されるメニューから「フォルダの作成」をクリックします。


    ルートフォルダー以外でサブフォルダーを作成するには、そのフォルダー内のアイテムを右クリックしてメニューを表示します。

  2.フォルダー名の入力

    以下のようにフォルダーが作成されるので、フォルダー名入力して「エンター」キーを押します。


  3.作成完了

    以下のようにフォルダーが作成されます。


  階層構造の例

    以下のように「有効なスクリプト」を構築すると、


    Nautilusでは以下のように表示されます。


スクリプトやフォルダーを移動する

  「有効なスクリプト」内のアイテムを移動します。
  スクリプトを別のフォルダーに移動したり、フォルダーの親子関係を変更することができます。

  1.アイテムの選択

    移動したいアイテムを選択します。


  2.アイテムの移動

    アイテムを移動先にドラッグ&ドロップします。


  3.移動完了

    以下のようにアイテムが移動します。


スクリプトやフォルダーの名前を変更する

  アイテムの名前を変更します。
  アイテムの名前がNautilusのスクリプトメニューに表示されます。

  1.アイテムの選択

    名前を変更したいアイテムを選択します。


  2.名前の変更

    アイテムを右クリックして表示されるメニューから「名前の変更」をクリックします。


  3.名前の入力

    以下のように名前が変更できるようになるので、新しい名前を入力して「エンター」キーを押します。


  4.変更完了

    以下のように新しい名前に変更されます。


スクリプトを無効にする・フォルダーを削除する

  有効にしたスクリプトを無効にします。
  また同じ手順でフォルダーを削除できます。

  フォルダー削除時の注意

    フォルダーを削除すると、そのフォルダー内のスクリプトやフォルダーは全て削除されます。
    またそのフォルダー内のスクリプトは「無効なスクリプト」に戻らず、削除されてしまいます。

    事前に削除するフォルダー内のスクリプトを無効化してから、フォルダーを削除するとよいでしょう。
    もしスクリプトが削除されてしまった場合、システムスクリプトを再構築してください。(後述)
   
    またルートフォルダーの削除はできません。

  1.アイテムの選択

    無効にしたいアイテムを「有効なスクリプト」から選択します。


  2.アイテムの無効化

    アイテムを右クリックして表示されるメニューから「削除」をクリックします。


    もしくは、「無効なスクリプト」にドラッグ&ドロップします。


  3.完了

    選択されたアイテムが削除されます。


スクリプトの再構築

  「無効なスクリプト」の一覧を再構築し、初期状態に戻します。
  「有効なスクリプト」に影響はありません。

  1.スクリプトの再構築

    「システムスクリプトを再構築」ボタンをクリックします。


  2.確認

    以下の確認画面が表示されるので、「はい」ボタンをクリックします。


  3.再構築完了

    システムスクリプトの再構築が完了すると、「無効なスクリプト」が初期状態に戻ります。


Nautilusスクリプトの保存先

  Nautilusスクリプトの保存先です。
  Ubuntu Tweakで各スクリプトを有効にすると、以下のフォルダーにスクリプトが保存されます。

  Ubuntu 12.10以前

    「~/.gnome2/nautilus-scripts」に保存されます。


  Ubuntu 13.04以降

    「~/.local/share/nautilus/scripts」に保存されます。


Ubuntu Tweakのスクリプトの保存先

  「無効なスクリプト」に表示されるスクリプトは、「~/.config/ubuntu-tweak/scripts」フォルダー内のスクリプトを参照しています。


  このフォルダー内に自分で作成したスクリプトを置くと、Ubuntu Tweakの「無効なスクリプト」一覧に表示され、管理することができます。
  ただしスクリプトを再構築すると、自分で作成したスクリプトは削除されてしまうため、一時的に退避しておくなど注意してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション