kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

open_jtalkコマンドの説明

  前回テストを行う際、「open_jtalk」コマンドの説明は省略しました。
  ここではコマンドの使い方を見ていきます。


  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは以下のようになります。

    open_jtalk <オプション> <テキストファイル>

辞書と音声データのオプション

  辞書と音声データに関するオプションです。
  これらのオプションは必須です。

  -x (辞書の指定)

    辞書があるフォルダーのパスを指定します。
    辞書は複数のファイルから構成されるため、辞書そのものではなく辞書があるフォルダーを指定してください。

    オプションの記述例

      -x /var/lib/mecab/dic/open-jtalk/naist-jdic

  -m (音声データの指定)

    音声データを指定します。
    こちらは辞書と異なり、音声データ(ファイル)を指定します。

    オプションの記述例

      -m /usr/share/hts-voice/nitech-jp-atr503-m001/nitech_jp_atr503_m001.htsvoice

出力するファイルに関するオプション

  出力するファイルに関するオプションです。

  -ow (WAVファイルの指定)

    音声に変換したデータを保存するWAVファイルを指定します。
    必須のオプションです。 

    オプションの記述例

      -ow ~/open_jtalk.wav

  -ot (ログファイルの指定)

    形態素解析の結果など、音声に変換するにあたり使用した様々な情報を出力します。

    オプションの記述例

      -ot ~/open_jtalk.log

音声データの生成に関するオプション

  音声データの生成に関するオプションです。
  話す速度やサンプリング周波数などの指定が可能です。

  これらのオプションは省略できます。
  オプションを省略した場合、デフォルト値が使用されます。

  -s (サンプリング周波数)

    音声のサンプリング周波数を指定します。
    1以上の整数値を指定します。
    デフォルト値は自動的に決定されます。

    オプションの記述例

      -s 48000

  -p (フレーム周期)

    フレーム周期を指定します。
    1以上の整数値を指定します。
    デフォルト値は自動的に決定されます。

    オプションの記述例

      -p 240

  -a (オールパス値)

    ポストフィルター係数を指定します。 
    指定できる値は、0.0 ~ 1.0です。
    デフォルト値は自動的に決定されます。

    オプションの記述例

      -a 0.5

  -b (ポストフィルター係数)

    ポストフィルター係数を指定します。 
    指定できる値は、0.0 ~ 1.0です。
    デフォルト値は0.0です。

    オプションの記述例

      -b 0.2

  -r (スピーチ速度係数)

    話す速さ(係数)を指定します。 
    指定できる値は、0.0以上の数値を指定します。
    デフォルト値は1.0です。

    オプションの記述例

      -r 1.2

  -fm (追加ハーフトーン)

    追加ハーフトーンの値を指定します。 
    小数で指定します。
    デフォルト値は0.0です。

    オプションの記述例

      -fm 0.5

  -u (有声/無声境界値)

    有声/無声境界値(MSD境界値)を指定します。 
    指定できる値は、0.0 ~ 1.0です。
    デフォルト値は0.5です。

    オプションの記述例

      -u 0.4

  -jm (スペクトラム系列内変動の重み)

    スペクトラム系列内変動の重みを指定します。 
    指定できる値は、0.0以上の値です。
    デフォルト値は1.0です。

    オプションの記述例

      -jm 1.2

  -jf (F0系列内変動の重み)

    F0系列内変動の重みを指定します。 
    指定できる値は、0.0以上の値です。
    デフォルト値は1.0です。

    オプションの記述例

      -jf 1.2

  -z (オーディオバッファサイズ)

    オーディオバッファサイズを指定します。
    0以上の値を指定します。
    デフォルト値は0です。

    オプションの記述例

      -z 100

テキストファイル

  音声に変換する日本語のテキストファイルを指定します。
  これを省略した場合は、標準入力から日本語のテキストを読み込みます。

    記述例

      ~/document.txt


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション