kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Smallスクリーンキーボード

  キーボードレイアウトで「Small」を選択した時のスクリーンキーボードの使い方です。

  「Small」キーボードレイアウトでは、以下のキーセットを切り替えて利用します。

  1. 基本的なキーセット(アルファベットやカーソルキーなど)
  2. 数値と記号のキーセット
  3. シンボルキーセット
  4. ファンクションキーのキーセット
  5. スニペットとマウス操作のキーセット
  6. 絵文字のキーセット

1.基本的なキーセット

  基本的なキーセットです。
  デフォルトでは以下のキーセットが表示されます。


2.数値と記号のキーセット

  数値と記号のキーセットです。


  このキーセットに切り替えるには、「1.基本的なキーセット」から「12?」キーを押します。


  「12?」キーは、ラッチ及びロックに対応しています。

3.シンボルキーセット

  通貨を表す記号などが含まれるキーセットです。


  このキーセットに切り替えるには、「2.数値と記号のキーセット」から「Sym」キーを押します。 


  「Sym」キーは、ラッチ及びロックに対応しています。

4.ファンクションキーのキーセット

  ファンクションキーのキーセットです。


  このキーセットに切り替えるには、「2.数値と記号のキーセット」から「Fn」キーを押します。


  「Fn」キーは、ラッチ及びロックに対応しています。 

5.スニペットとマウス操作のキーセット

  スニペットとマウス操作のキーセットです。
  スクリーンキーボードの移動や終了も可能です。


  このキーセットに切り替えるには、「2.数値と記号のキーセット」から「スニペット」キーを押します。  


  「スニペット」キーは、ラッチ及びロックに対応しています。

  マウス操作のキーを表示するには

    マウス操作のキーを表示するには、「ヘルパー」ボタンをクリックします。


    以下のようにマウス操作を行うキーが表示されます。


6.絵文字のキーセット

  絵文字のキーセットです。


  このキーセットに切り替えるには、「2.数値と記号のキーセット」から「絵文字」キーを押します。


  「絵文字」キーは、ラッチ及びロックに対応しています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション