kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

各キーボードスキャンプロファイルの設定内容

  各キーボードスキャンプロファイルの設定内容を紹介します。

1スイッチで自動スキャン(プロファイル)

  プロファイルで「1スイッチで自動スキャン」を選択すると、以下の設定項目が表示されます。


  ステップする間隔

    スキャンが移動する時間を「秒」で指定します。

  スキャンサイクル

    スクリーンキーボード全体をスキャンする回数を指定します。

  スイッチが押されている時のみステップ

    スイッチが押されている時のみ、スキャンの移動を行います。

1スイッチで自動スキャン(入力デバイス)

  プロファイルで「1スイッチで自動スキャン」を選択すると、以下の設定項目が表示されます。


  ステップ

    スキャンに使用するスイッチの割り当てです。

1スイッチの重要なオーバースキャン(プロファイル)

  プロファイルで「1スイッチの重要なオーバースキャン」を選択すると、以下の設定項目が表示されます。


  前方の間隔

    次のキーが選択されるまでの時間を「秒」で指定します。

  さかのぼる間隔

    前のキーが選択されるまでの時間を「秒」で指定します。

  さかのぼるステップ

    前のキーがスキャンされている状態で、ここで指定したキーの数スキャンした後、通常のスキャンに戻ります。

  スキャンサイクル

    スクリーンキーボード全体をスキャンする回数です。
    この回数を超えると、何もせずスキャンが終了します。
   

1スイッチの重要なオーバースキャン(入力デバイス)

  プロファイルで「1スイッチの重要なオーバースキャン」を選択すると、以下の設定項目が表示されます。


  ステップ

    スキャンに使用するスイッチの割り当てです。

2スイッチでステップスキャン(プロファイル)

  プロファイルで「2スイッチでステップスキャン」を選択すると、以下の設定項目が表示されます。


  スキャンサイクル

    スクリーンキーボード全体をスキャンする回数です。
    この回数を超えると、何もせずスキャンが終了します。

  拡張スイッチアクション

    キー確定後に、ステップアクションオンスイッチと、確定アクションのスイッチを入れ替えます。

2スイッチでステップスキャン(入力デバイス)

  プロファイルで「2スイッチでステップスキャン」を選択すると、以下の設定項目が表示されます。


  ステップ

    スキャンの移動を行うスイッチの割り当てです。

  確定

    スキャンの確定を行うスイッチの割り当てです。

3または5スイッチで直接スキャン(プロファイル)

  プロファイルで「3または5スイッチで直接スキャン」を選択した場合、設定項目はありません。


3または5スイッチで直接スキャン(入力デバイス)

  プロファイルで「3または5スイッチで直接スキャン」を選択すると、以下の設定項目が表示されます。


  左

    スキャンを左に移動するスイッチの割り当てです。

  右

    スキャンを右に移動するスイッチの割り当てです。

  上

    スキャンを上に移動するスイッチの割り当てです。

  下

    スキャンを下に移動するスイッチの割り当てです。

  確定

    スキャンの確定を行うスイッチの割り当てです。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション