kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

フォントがサポートしていない文字の表示について

  デフォルトでは、フォントがサポートしていない文字は別のフォントで表示されます。

  Ubuntuフォントの例

    例えば「Ubuntu」フォントは、日本語の文字(グリフ)をサポートしていません。
    そのため「文字マップ」では、別のフォントを使用して日本語文字を表示しています。


  文字の表示に使われているフォントを確認する

    文字の簡易情報を表示すると、どのフォントで文字が表示されているか確認することができます。
    例えば「あ」は、以下のように「Takao Pゴシック」で表示されていることが分かります。


フォントがサポートしている文字のみ表示する 

  「文字マップ」では、選択されているフォントがサポートしている文字のみ表示することができます。

  1.サポートしている文字のみ表示

    「表示」メニューを開き、「このフォントのグリフのみ表示」をクリックします。


  2.設定完了

    以下のように選択されているフォントがサポートしている文字のみが表示されるようになります。
    上記で記述した通り、「Ubuntu」フォントは日本語の文字をサポートしていないため、以下のように平仮名は表示されなくなります。
    

  3.文字の簡易情報

    文字の簡易情報を表示すると、以下のように文字コードが表示されます。
    またフォントが「Ubuntu」になっていることが分かります。


    もう一度「表示」メニューを開き、「このフォントのグリフのみ表示」をクリックすれば、元の状態に戻ります。

表示する文字の数を変更する

  各行に表示する文字の数を変更します。

  デフォルトでは、各行に表示する文字の数は自動的に決定されます。
  文字の大きさやウィンドウの幅等を元に自動的に決定されます。

  「文字マップ」では、各行に表示する文字の数を「2のべき乗」に固定することができます。
    (1,2,4,8・・・)

  1.変更前

    変更前は以下のように1行あたり5つ文字が表示されています。


  2.2のべき乗で表示

    「表示」メニューを開き、「表示枠を2のべき乗単位にする」をクリックします。


  3.設定完了

    以下のように1行あたりの文字数が2のべき乗になるように、表示する文字の数が調整されます。


    もう一度「表示」メニューを開き、「表示枠を2のべき乗単位にする」をクリックすれば、元の状態に戻ります。

 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション