kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu MATE

  「Ubuntu MATE」は、デスクトップ環境にMATE(マテ)を採用したUbuntuの派生ディストリビューションです。


  「Ubuntu MATE」はXubuntuやLubuntuのような軽量なディストリビューションです。
  MATEは、以前Ubuntuのバージョンで採用していたGNOME2からフォークしたデスクトップ環境です。

  MATEを採用した派生ディストリビューションと言えば、「Linux Mint MATE」が有名ですね。

  将来的にUbuntuのフレーバーに

    現状「Ubuntu MATE」はコミュニティーで開発されており、Ubuntuのフレーバではありません。
    しかし、将来的にUbuntuのフレーバーとなるよう、開発や活動をしていくとのことです。

Ubuntu MATE Remix 14.10 α1

  現時点でリリースされている「Ubuntu MATE Remix」は「Ubuntu MATE Remix 14.10 α1」です。
  「Ubuntu 14.10」がベースになっています。

  まだα1ですので実用には向きませんが、試してみたい人は仮想PCにインストールしてみるとよいでしょう。

  動作要件

    「Ubuntu MATE Remix 14.10 α1」の動作要件です。

項目 最小 推奨
CPU Pentium III 750MHz Core 2 Duo 1.6GHz
メモリー 512MiB 2GiB
HDD 8GiB 16GiB
起動デバイス DVD-ROM USBメモリー
ディスプレイ XGA(1024 x 768)以上 フルワイドXGA(1366 x 768)以上
その他 キーボード
マウス
サウンドカード
スピーカー/ヘッドフォン
キーボード
マウス
サウンドカード
スピーカー/ヘッドフォン

  ダウンロード

    「Ubuntu MATE Remix 14.10 α1」のダウンロードです。

    公式サイト:Ubuntu MATE Remix
    ダウンロードサイト:Download 

    リリースアナウンス:Ubuntu MATE Remix Alpha1

    Ubuntu MATE Remix 14.10 α1 32bit:ubuntu-mate-14.10-alpha1-desktop-i386.iso
    Ubuntu MATE Remix 14.10 α1 64bit:ubuntu-mate-14.10-alpha1-desktop-amd64.iso

Ubuntu MATE Remix 14.10 α1のアプリ

  「Ubuntu MATE Remix 14.10 α1」でインストールされるアプリを見てみます。

  ファイルマネージャー

    ファイルマネージャーは「Caja」です。
    Ubuntu 12.04の「Nautilus」とほぼ同様の操作性です。


  オフィススイート

    Ubuntu同様に「Libre Office」がインストールされます。


  テキストエディター

    テキストエディターは「Pluma」です。
    Ubuntu 12.04の「gedit」と同様の操作性です。
 

  ブラウザー

    デフォルトのブラウザーは「Firefox」です。
    Ubuntuと同じです。


  メールソフト

    デフォルトのメールソフトは「Thunderbird」です。
    Ubuntuと同じです。


  Ubuntuソフトウェアセンター

    アプリのインストールは、Ubuntu同様に「Ubuntuソフトウェアセンター」から行います。


    ソフトウェアのアップデートもUbuntu同様「ソフトウェアの更新」から行います。

  システム設定

    システム設定はUbuntuと異なります。
    システム設定は「コントロールセンター」から行います。


  カスタマイズ

    「Ubuntu MATE」はウィンドウのテーマやパネルの配置など、XubuntuやLubuntuのようにカスタマイズすることができます。
    以下はパネルを下に配置した例です。
    テーマもシルバー系に変更しています。


  まとめ

    インストールされるアプリは、ほとんどUbuntuと同じか、Ubuntu 12.04と同様の操作性を持つアプリがインストールされます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション