kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ドキュメントをフルスクリーンで表示する

  ドキュメントをフルスクリーンで表示します。

  1.ドキュメントの選択

    フルスクリーンで表示したいドキュメントを表示します。


  2.フルスクリーンで表示

    「表示」メニューを開き、「フルスクリーン」をクリックします。
    「F11」キーを押しても良いです。


  3.フルスクリーン

    以下のようにドキュメントがフルスクリーンで表示されます。


  4.ツールバー

    マウスカーソルを画面の上部に持って行くと、以下のようにツールバーが表示されます。


  フルスクリーンを終了するには

    フルスクリーンを終了するには、「F11」キーを押すか、ツールバーから「フルスクリーンの解除」ボタンをクリックします。

ドキュメントのタブ幅を設定する

  ドキュメントのタブ幅(タブ位置)を設定します。
  「Tab」キーによるタブ入力をスペースによる入力に置き換えるかどうかも設定できます。

  現在のタブ幅の設定

    現在のタブ幅の設定は、以下のようにステータスバーに表示されます。


    タブ幅を表示している箇所をクリックすると、以下のようにタブ幅設定メニューが表示されます。


  2

    タブ幅を「2」に設定します。
    既存のタブ文字はすべてタブ幅「2」で調整されます。


  4

    タブ幅を「4」に設定します。
    既存のタブ文字はすべてタブ幅「4」で調整されます。


  8

    タブ幅を「8」に設定します。
    既存のタブ文字はすべてタブ幅「8」で調整されます。


  空白にする

    「Tab」キーによるタブ文字の入力をスペースに置き換えるかどうかの設定です。
    この設定はクリックすることで有効・無効を切り替えることができます。

    項目にチェックが入っていれば、「Tab」キーによるタブ文字の入力をスペースに置き換えます。
    ただし、既存のタブ文字には影響はありません。

    例えば「空白にする」を有効にしてタブ幅「8」で「Tab」キーを押すと、以下のように8文字単位で文字の入力開始位置を揃えられます。
    「空白にする」が有効なため、実際はタブ文字ではなくスペースが入力されています。


    その後タブ幅を「2」に変更してもスペースが入力されているため、以下のように文字の揃えに変化はありません。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション