kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

検索結果の強調表示をクリアする

  検索結果の強調表示をクリアします。

  1.強調表示の例

    文字列の検索を行うと、以下のように条件に合う文字列が強調表示されます。


  2.強調表示のクリア

    「検索」メニューを開き、「強調表示のクリア」をクリックします。
    「Shift + Ctrl + K」キーを押しても良いです。


  3.クリア完了

    以下のように強調表示がクリアされます。


指定した行にキャレットを移動する

  指定した行にキャレットを移動します。

  1.指定行ウィンドウの表示

    「検索」メニューを開き「指定行へジャンプ」をクリックします。
    「Ctrl + I」キーを押しても良いです。


  2.行の指定

    以下のように行を指定するウィンドウが表示されます。
    このウィンドウを表示した時点で、現在の行が入力されています。


    移動したい行を入力し、「エンター」キーを押します。

  3.行の移動

    以下のように指定された行の先頭にキャレットが移動します。


ドキュメントのエンコーディングなどの情報を表示する

  ドキュメントのエンコーディングなどの情報を表示します。

  ドキュメントの情報の表示

    情報を表示したいドキュメントのタブにマウスカーソルを合わせ、数秒待ちます。
    以下のようにドキュメントの情報が表示されます。


  名前

    ドキュメントのファイル名です。

  MIME型

    ドキュメントのファイルのMIMEタイプが表示されます。

  エンコーディング

    ドキュメントのエンコーディングが表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション