kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

文字マッププラグイン

  「文字マップ」プラグインは、文字の一覧を表示し、キーボードから入力しにくい文字や、入力できない文字をドキュメントに挿入するプラグインです。



  「文字マップ」プラグインは、以前紹介した「gucharmap」の機能を利用しています。

プラグインを有効にする

  「文字マップ」プラグインを有効にするには、設定画面の「プラグイン」タブで「Character Map」にチェックを入れます。


文字マップのUI構成

  「文字マップ」のUI構成です。
  まず、「文字マップ」を表示するには、サイドパネルを表示します。


1.スクリプトの一覧

  Unicodeスクリプトの一覧です。
  Unicodeスクリプトは、言語ごとに文字を分類したものです。

  スクリプトを選択すると、「2.」にスクリプトに対応した文字の一覧が表示されます。

  スクリプトの検索

    スクリプトの一覧にフォーカスをセットし、直接スクリプト名を入力すると、以下のようにスクリプトの検索を行います。

    検索は前方一致で行われます。


2.文字の一覧

  「1.」で選択したスクリプトに含まれる文字の一覧が表示されます。

  文字の表示に使用されるフォント

    文字の表示に使用されるフォンは、「gedit」でドキュメントに使用するフォントが使われます。
    フォントがサポートしていない文字(グリフ)には、別のフォントが使用されます。


  文字の拡大表示

    文字を選択し右クリックすると、以下のように文字が拡大表示され、文字に使用しているフォント名が表示されます。


  文字をドキュメントに挿入する

    文字を選択しダブルクリックするか「エンター」キーを押すと、以下のように現在カーソル(キャレット)がある位置に、選択された文字が挿入されます。


3.文字情報

  ステータスバーには、現在選択されている文字のUnicode情報が表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション