kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ソフトウェアの自動実行やautorun.shを起動してもGuest Additionsがインストールできない時は

  以前、「Guest Additionsをインストールする」で「Guest Additions」のインストール方法を紹介しました。

  「Lubuntu」や「Ubuntu MATE」など一部のフレーバーでは、上記の方法で「Guest Additions」のインストーラーが起動しません。

  ここでは、それらのフレーバーで「Guest Additions」をインストール方法を紹介します。
  直接「Guest Additions」のインストーラーを起動するため、「Ubuntu」等でも利用できる方法です。

  ここでは例として、「Lubuntu 14.04」に「Guest Additions」をインストールします。

  1.パッケージのインストール

    「Guest Additions」をビルドするのに必要なパッケージを予めインストールしておきます。
    「Guest Additionsをインストールする」の「事前準備」を参考にしてください。

  2.Guest Additions CDをマウントする

    Guest Additions CDを仮想マシンにマウントします。

  3.インストーラーのパスの確認

    インストーラーは端末から実行するため、ファイルマネージャーを起動し、インストーラーのパスをコピーしておきます。


    この環境では、インストーラーのパスは「/media/lubuntu/VBOXADDITIONS_4.3.18_96516/VBoxLinuxAdditions.run」です。
    環境によりパスが異なります。

  4.端末の起動

    端末を起動します。
    「Lubuntu」なら「LXTerminal」を起動します。


    「Ubuntu MATE」なら「MATE 端末」を起動します。

  5.コマンドの入力

    以下のように、インストーラーを実行するコマンドを入力します。
 
sudo インストーラーのパス

    「インストーラーのパス」には、「3.」でコピーしたインストーラーのパスを貼り付けます。
    この環境では、以下のようになります。

sudo /media/lubuntu/VBOXADDITIONS_4.3.18_96516/VBoxLinuxAdditions.run


  6.パスワードの入力

    コマンドを実行すると、以下のようにユーザーのパスワードを聞かれるので、パスワードを入力し「エンター」キーを押します。


  7.インストール開始

    以下のように、「Guest Additions」のインストールが始まります。


  8.インストール完了

    以下のように、インストールが完了します。


    インストールが完了したら、仮想マシンを再起動します。

  9.Guest Additionsの確認

    仮想マシン起動後、デスクトップ画面が表示されたら「Guest Additions」がインストールされているか確認します。


    以上で完了です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション