kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

プレビューを自動的に行う

  デフォルトでは、ファイル名やフォルダー名の名称変換のプレビューは、ユーザーが名称の変換設定を行ったあと、「Preview」ボタンをクリックしてプレビューを行います。

  このプレビューを自動的に行うことができます。
  ユーザーが名称の変換設定を行うと、自動的にプレビューを行います。

  1.自動プレビューの切り替え

    「Options」メニューを開き「Automatic preview」をクリックします。


    機能が有効になっていれば、「Automatic preview」にチェックが表示されます。

  2.自動プレビュー

    以下のように、「Preview」ボタンをクリックしなくても、自動的にファイルやフォルダー名のプレビューが行われるようになります。


最後に開いたフォルダーを記憶する

  最後に開いたフォルダーを記憶します。
  デフォルトでは、「GPRename」起動時にユーザーのホームフォルダーが選択されています。


  最後に開いたフォルダーを記憶しておけば、「GPRename」起動時、前回「GPRename」を終了した時に選択していたフォルダーを選択します。

  1.フォルダーの記憶切り替え

    「Options」メニューを開き「Remember last directory」をクリックします。


    機能が有効になっていれば、「Remember last directory」にチェックが表示されます。

  2.フォルダーの記憶

    「GPRename」起動時、前回「GPRename」を終了した時に選択していたフォルダーが選択されます。


フルスクリーン表示する

  「GPRename」をフルスクリーンで表示します。

  フルスクリーン表示

    「Options」メニューを開き「Fullscreen」をクリックします。


    「GPRename」がフルスクリーンで表示されます。

  注意

    一度フルスクリーン表示にすると、元に戻せなくなります。
    フルスクリーンは行わないでください。

フルスクリーンを解除するには

  一旦フルスクリーン表示にしてしまうと、設定ファイルにフルスクリーン表示の情報が保存されるため、次回起動時以降もフルスクリーンで表示されてしまいます。

  もしフルスクリーン表示にしてしまった場合は、以下の方法で元に戻すことができます。

  1.GPRenameを終了させる

    まず、フルスクリーン表示している「GPRename」を終了させます。
    「Alt+F4」キーを押せば、「GPRename」を終了させることができます。

  2.設定ファイルを開く

    「GPRename」の設定ファイルをテキストエディターで開きます。
    設定ファイルは、「~/.config/gprename/gprename」です。 


  3.設定の編集

    「fullscreen」の行を探し、以下のように「fullscreen=0」を記述します。


    ファイルを保存してテキストエディターを終了します。
    「GPRename」を起動すれば、ウィンドウ表示で「GPRename」が表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション