kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

pyRenamer

  「pyRenamer」は、複数のファイルやフォルダーの名称を、ユーザーが指定したフォーマットに従って一括変換(リネーム)するアプリです。


  アプリ名は、「pyrenamer」です。

インストール

  「pyRenamer」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「gprename」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

pyRenamerの起動

  「pyRenamer」の起動です。
  Dashホームから、以下のように起動します。


pyRenamerのUI構成

  「pyRenamer」のUI構成です。


  1.フォルダーツリー

    ここで選択したフォルダー内のファイルやフォルダーに対して名称の変換を行います。
    フォルダーを選択すると、「2.」にファイルやフォルダーの一覧が表示されます。

    ちなみに、サブフォルダーも含め再帰的に名称の変換を行うこともできます。

  2.Original file name

    現在のファイルやフォルダーの名称が表示されます。
    ここに表示されるファイルやフォルダーの一覧は、「1.」で選択したフォルダー内にあるファイルやフォルダーです。

  3.Renamed file name

    名称変換後のファイルやフォルダーの名称が表示されます。
    「Preview」ボタンをクリックすると、名称変換後のファイルやフォルダーの名称が表示されます。

    「Renamed file name」に名称が表示されているファイルやフォルダーが、名称の変換対象になります。

  4.オプション

    変換オプションを表示します。


  5.名称の変換方法

    名称の変換方法を指定します。
    名称の変換方法の種類が多いため、別途紹介します。

  6.「Preview」ボタン

    「2.」で選択しているファイルやフォルダーの名称を、「5.」で指定された名称の変換方法で変換した際、どのような名称に変わるのかプレビューを行います。

    プレビュー結果は、「3.」に表示されます。
    名称の変換を行う前に、必ずプレビューを行う必要があります。

  7.「Clear」ボタン

    「2.」で選択されているファイルやフォルダーの「Renamed file name」を削除します。
    名称の変換対象からファイルやフォルダーを外したい時に、このボタンをクリックします。

  8.「Rename」ボタン

    「Renamed file name」に名称が表示されているファイルやフォルダーの名称を変換します。

  9.「終了」ボタン

    「pyRenamer」を終了します。

  10.ステータスバー

    「1.」で選択しているフォルダーのパスや、「2.」で表示しているファイルやフォルダーの総数、名称変換の進捗が表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション