kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

最新のコミットオブジェクトを指すポインター

  前回紹介したように、「コミットオブジェクト」は「親コミットオブジェクト」への参照を含みます。

  「親コミットオブジェクト」への参照を含むには、各ブランチの最新の「コミットオブジェクト」がどの「コミットオブジェクト」なのかを管理する必要があります。


  さもないと、コミットする時に生成される「コミットオブジェクト」は、「親コミットオブジェクト」への参照を含むことができなくなります。

  「親コミットオブジェクト」への参照を含むことができなくなるということは、履歴管理が行えなくなるということです。

  最新コミットのコミットオブジェクトを指すポインター

    「Git」では、最新の「コミットオブジェクト」を指すポインターを利用して、最新の「コミットオブジェクト」がどの「コミットオブジェクト」なのか、管理を行います。


    このポインターのことを、「ブランチヘッド(branch head)」 と表現します。

  ブランチヘッドは自動的に移動する

    ユーザーが「コミット」を行うと「コミットオブジェクト」が生成され、コミット処理が行われます。
    コミット処理が完了すると、その「コミットオブジェクト」が最新の「コミットオブジェクト」になります。

    「ブランチヘッド」は最新の「コミットオブジェクト」を指すポインターなので、その「コミットオブジェクト」を指すようになります。
    これは「コミット」を行うたびに自動的に行われます。


    これで、どの「コミットオブジェクト」が最新の「コミットオブジェクト」なのかを把握することができます。

  ブランチヘッドはブランチごとに存在する

    「ブランチヘッド」は「ブランチ」ごとに存在します。
    「ブランチ」ごとに最新の「コミットオブジェクト」が異なるためです。

    例えばリポジトリーに以下の「ブランチ」が存在するとします。

  • BranchA
  • BranchB
  • BranchC

    以下のように、それぞれの「ブランチ」で最新の「コミットオブジェクト」指す「ブランチヘッド」が存在します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション