kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ワーキングディレクトリーのファイルの状態

  「ワーキングディレクトリー」内のファイルの状態には、以下の5種類の状態が定義されています。


  1. Gitの管理対象になっていないファイル
  2. Gitの管理対象になっているファイル
  3. 編集されていないファイル
  4. 編集されたファイル
  5. ステージされたファイル

  1.Gitの管理対象になっていないファイル(Untracked) 

    「ワーキングディレクトリー」内に存在するファイルだが、「Git」の管理対象になっていないファイルです。


    「トラックされていないファイル」とも言います。

    例えば新規に作成したファイルは、「Git」の管理対象になっていません。
    ユーザーが「Git」に明示すれば、「Git」の管理対象になっていないファイルを、管理対象にすることができます。
    管理対象にしたファイルは、下記の「2.Gitの管理対象になっているファイル」になります。

  2.Gitの管理対象になっているファイル(Tracked)

    「Git」の管理対象になっているファイルです。


    「トラックされているファイル」とも言います。

    不要になったファイルは、「Git」の管理対象から外すこともできます。
    「Git」の管理対象から外したファイルは、上記の「1.Gitの管理対象になっていないファイル」になります。

    従って「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、「1.」か「2.」のいずれかの状態になります。

  3.編集されていないファイル(Unmodified)

    「Git」の管理対象になっており、かつ、まだ編集していないファイルです。


    リポジトリーの「スナップショット」に格納されているファイルの中身と、編集されていないファイルの中身は同一です。
    「スナップショット」からファイルを「チェックアウト」すると、ファイルはまずこの状態になります。

    ユーザーが編集されていないファイルを編集すると、下記の「3.編集されたファイル」になります。

  4.編集されたファイル(Modified)

    「Git」の管理対象になっており、かつ、編集したファイルです。


    リポジトリーの「スナップショット」に格納されているファイルの中身と、編集されたファイルの中身は異なります。

    上記で紹介した「Gitで管理されるファイルの状態」の「2.変更された状態(modified)」と同じ状態です。

  5.ステージされたファイル(Staged)

    「Git」の管理対象になっており、かつ、ステージされたファイルです。


     以前紹介した「Gitで管理されるファイルの状態」の「3.ステージされた状態(staged)」と同じ状態です。

ファイルの状態遷移

  ユーザーが行う作業とファイルの状態の遷移を図にすると、以下のようになります。


ワーキングツリーとは

  「ワーキングツリー」とは、「ワーキングディレクトリー」内のフォルダー構造のことです。
  フォルダーツリーだと思えばよいです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション