kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

リポジトリーのアクセス権を指定してリポジトリーを作成する

  リポジトリーのアクセス権を指定して、リポジトリーを作成します。

  リポジトリーのアクセス権とは、「Gitディレクトリー」及び、「Gitディレクトリー」内のフォルダーやファイルのアクセス権のことです。

  これは、ファイルシステムが提供するアクセス権(パーミッション)のことです。
  「Git」では、独自にユーザー管理を行う機能はありません。

オプションの説明

  リポジトリーのアクセス権を指定するには、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--shared= アクセス権

  アクセス権

    このオプションには、以下のいずれかの値が指定できます。

  • umask/false
  • group/true
  • all/world/everybody
  • 0xxx

umask/false

  オプションの値に「umask」もしくは「false」を指定した場合、「umask」で取得した値からアクセス権を設定します。

  umaskの値を確認するには

    「umask」の値を確認するには、以下のコマンドを実行します。

umask -S


    Ubuntuでは、以下のアクセス権になります。

対象 読み込み 書き込み
所有者
グループ
その他

  コマンドの実行例

    コマンドの実行例です。
    コマンドの説明は、「リポジトリーを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは赤字の箇所です。

git init --shared=umask myProject


    作成された「Gitディレクトリー」のアクセス権を見ると、以下のようになっています。


gourp/true

  オプションの値に「group」もしくは「true」を指定した場合は、グループに書き込み権限を付与します。
  それ以外の権限は「umask」で取得した値から、アクセス権を設定します。

  Ubuntuでは、以下のアクセス権になります。

対象 読み込み 書き込み
所有者
グループ
その他

  コマンドの実行例

    コマンドの実行例です。
    コマンドの説明は、「リポジトリーを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは赤字の箇所です。 

git init --shared=group myProject


    作成された「Gitディレクトリー」のアクセス権を見ると、以下のようになっています。


all/world/everybody

  オプションの値に「all」もしくは「world」もしくは「everybody」を指定した場合は、すべてのユーザーに読み込み権限を付与します。
  それ以外の権限は、「umask」で取得した値から、アクセス権を設定します。

  Ubuntuでは、以下のアクセス権になります。

対象 読み込み 書き込み
所有者
グループ
その他

  コマンドの実行例

    コマンドの実行例です。
    コマンドの説明は、「リポジトリーを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは赤字の箇所です。 

git init --shared=all myProject


    作成された「Gitディレクトリー」のアクセス権を見ると、以下のようになっています。


0xxx

  直接アクセス権を指定します。
  xには、アクセス権を表す数値を指定します。

  「0ABC」で表現すると、以下のようになります。

ABC 対象
A 所有者のアクセス権
B グループのアクセス権
C その他のアクセス権

  また数値は、以下の意味を持ちます。

数値 アクセス権
2 読み込み
4 書き込み

  この数値を足し算して、各アクセス権に指定します。
  例えば「0640」を指定すると、アクセス権は以下のようになります。

対象 読み込み 書き込み
所有者
グループ
その他

  注意

    所有者のアクセス権には、必ず読み書き可のアクセス権を指定する必要があります。
    従って、「06xx」でアクセス権を指定することになります。

  コマンドの実行例

    コマンドの実行例です。
    コマンドの説明は、「リポジトリーを作成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは赤字の箇所です。 

git init --shared=0640 myProject


    作成された「Gitディレクトリー」のアクセス権を見ると、以下のようになっています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション