kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リモートリポジトリーのHEADからHEADリモートトラッキングブランチを設定するコマンドの説明

  「git remote」コマンドは、リモートリポジトリーのHEADから、「HEADリモートトラッキングブランチを設定することができます。

   リモートリポジトリーにアクセスし、リモートリポジトリーの「HEAD」が指しているブランチの情報を取得するため、リモートリポジトリーにアクセスできない状況では利用できません。

  ブランチの情報を取得した後、 「ローカルリポジトリー」でも同じブランチを指す「HEAD」リモートトラッキングブランチを設定します。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git remote set-head <リモートリポジトリー名> -a

  リモートリポジトリー名

    「HEADリモートトラッキングブランチを設定するリモートリポジトリーの名称を指定します。

HEADリモートトラッキングブランチを設定する

  HEADリモートトラッキングブランチを設定します。
  ここでは例として、「origin」リモートリポジトリーのHEADを設定します。

  1.リモートリポジトリーの確認

    現在「ローカルリポジトリー」登録されている「リモートリポジトリー」を確認すると、以下のようになっています。


  2.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


    ここでは「HEAD」リモートトラッキングブランチは存在していないため、新規に作成されます。
    すでに「HEAD」リモートトラッキングブランチが存在している場合、「リモートリポジトリー」と同じブランチを指すように設定が変更されます。

  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-a --all

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。

git remote set-head origin -a


  4.コマンドの実行結果

    問題なければ、特にメッセージは表示されません。


  5.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、「origin/HEAD」リモートトラッキングブランチが作成され、「origin/master」ブランチを指しています。


    「origin」リモートリポジトリーの「HEAD」は、「master」ブランチを指しているため、上記の結果になります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション