kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

リモートトラッキングブランチのトラッキングを有効にする

  「リモートトラッキングブランチ」のトラッキングを有効にします。
  ここでは例として、「origin/sub」リモートトラッキングブランチのトラッキングを有効にします。

  1.リモートリポジトリーの確認

    「origin」リモートリポジトリーの情報を確認すると、以下のようになっています。


    「Remote branch」の項目を見ると、「master」が「tracked」になっています。

  2.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、以下のようになっています。


  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--add

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの説明は、「リモートトラッキングブランチのトラッキングを制御するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git remote set-branches --add origin sub


  4.コマンドの実行結果

    問題なければ、特にメッセージは表示されません。


  5.リモートリポジトリーの確認

    「origin」リモートリポジトリーの情報を確認すると、以下のようになっています。


    「Remote branches」の項目を見ると、「master」と「sub」が「tracked」になっています。

  6.ブランチの確認

    ブランチの一覧を表示すると、変更前と同じブランチ構成になっています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション