kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ブートローダーがインストールされず起動できない不具合

  以下環境において、Ubuntuインストール時にブートローダー(OSローダー)がインストールされず、Ubuntuが起動できない致命的な不具合があります。

  1. UEFIでUbuntu 15.04をインストール
  2. EFIシステムパーティションがない
  3. 自分でパーティションを作成してインストール

  不具合の詳細については、以下を参考にしてください。


現象

  上記すべての条件を満たした状態でUbuntu 15.04をインストールすると、「EFIシステムパーティション」にGrub2のブートローダーがインストールされません。

  Ubuntuインストール後にPCを再起動すると、Ubuntuが起動しません。
  ブートローダーが存在しないため、UEFIから操作することもできません。

  自分でパーティションを作成

    「自分でパーティションを作成する」とは、「インストールの種類」で「それ以外」を選択した場合です。


    インストーラーにお任せでUbuntuをインストールするなら、この問題は発生しません。

  EFIシステムパーティション

    この現象が発生した時の「EFIシステムパーティション」の中身を見てみます。
    以下は、Ubuntu 15.04をインストールした直後の状態です。

    「Disks」を起動すると、「/dev/sda1」が「EFIシステムパーティション」であることが分かります。


    「EFIシステムパーティション」をマウントして「Nautilus」から中身を見てみます。
    以下のように、「EFIシステムパーティション」内に何もファイルが存在していません。


    ちなみに、Ubuntuをインストールしたパーティション(/dev/sda2)には、Ubuntuのファイル群が配置されています。


    本来は、以下のように「EFIシステムパーティション」の中に「EFI」フォルダーが存在します。


    同様に、「/EFI/ubuntu」フォルダー内を見ると、以下のようにGrub2のブートローダーが配置されています。


問題の回避方法

  自分でパーティションを作成してインストールする場合は、Ubuntuのインストーラーを起動する前に、「EFIシステムパーティション」を予め作成しておきます。

  「EFIシステムパーティション」がすでに存在しているなら、気にしなくてよいです。
  「EFIシステムパーティション」の作成方法は、Ubuntuのインストール方法で紹介していますので、そちらを参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション