kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

差分の操作

  差分の操作時に表示される選択肢の紹介です。
  以下の選択肢を紹介しています。

  • y.現在表示している差分を適用し、次の差分を表示する
  • n.現在表示している差分を適用せず、次の差分を表示する
  • q.現在表示している差分を適用せず、残りの全ての差分も適用しない
  • a.現在表示している差分を適用し、残りの差分も適用する
  • d.現在表示している差分を適用せず、残りの差分も適用しない

y.現在表示している差分を適用し、次の差分を表示する

  「y」キーを押すと、現在表示している差分(ハンク)をファイルに適用します。
  現在表示している差分の状態は「差分の適用を決定した」状態になります。

  y-1.差分の適用

    差分は以下のようになっています。
    このファイルにある差分は1つです。

    差分を適用します。


  「-」が表示されている行をファイルから削除し、「+」が表示されている行をファイルに挿入します。

  y-2.ステージングエリアのファイル

    表示されている差分を適用すると、「ステージングエリア」にあるファイルは以下のようになります。

  

  y-3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、差分を適用したファイルがステージされています。


  y-4.次の差分の表示

    差分の適用が完了すると、次の「差分の適用・未適用が未決」状態の差分を表示します。

n.現在表示している差分を適用せず、次の差分を表示する

  「n」キーを押すと、現在表示している差分(ハンク)をファイルに適用しません。
  差分を未適用にし、次の差分を表示します。

  現在表示している差分の状態は「差分の未適用を決定した」状態になります。 

  n-1.差分の内容

    差分は以下のようになっています。
    このファイルにある差分は1つです。

    この差分を未適用にします。


  n-2.ステージングエリアのファイル

    差分を未適用にしたので、「ステージングエリア」にあるファイルは変化しません。


  n-3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、「ステージングエリア」にあるファイルを変更していないため、差分適用前の状態と同じです。


  n-4.次の差分の表示

    差分を未適用にすると、次の「差分の適用・未適用が未決」状態の差分を表示します。

q.現在表示している差分を適用せず、残りの全ての差分も適用しない

  現在表示している差分及び、残りの全ての差分(ハンク)を適用しません。
  他のファイルの差分も適用しません。

  q-1.差分の内容

    差分は以下のようになっています。
    このファイルにある差分は1つです。

    差分を未適用にします。


  q-2.ステージングエリアのファイル

    差分を未適用にしたので、「ステージングエリア」にあるファイルは変化しません。


  q-3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、「ステージングエリア」にあるファイルを変更していないため、差分適用前の状態と同じです。


  q-4.差分適用完了

    残りの差分をすべて未適用し、他のファイルの差分も適用しないため、これ以降差分の表示は行われません。

    処理が終了します。

a.現在表示している差分を適用し、残りの差分も適用する

  「a」キーを押すと、現在表示している差分(ハンク)及び、残りの差分をファイルに適用します。
  残りの差分とは、「差分の適用・未適用が未決」状態の差分のことです。

  差分の適用が行われるのは、現在差分を表示しているファイルのみです。
  他のファイルの差分の適用には、影響しません。

  a-1.差分の内容

    差分は以下のようになっています。
    このファイルにある差分は1つです。

    現在表示している差分(ハンク)及び、残りの差分をファイルに適用します。


  a-2.ステージングエリアのファイル

    表示されている差分を適用すると、「ステージングエリア」にあるファイルは以下のようになります。


  a-3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、差分を適用したファイルがステージされています。


  a-4.次のファイルの差分を表示

    次のファイルの差分を表示します。

d.現在表示している差分を適用せず、残りの差分も適用しない

  「d」キーを押すと、現在表示している差分(ハンク)及び、残りの差分をファイルに適用しません。
  残りの差分とは、「差分の適用・未適用が未決」状態の差分のことです。

  差分の未適用が行われるのは、現在差分を表示しているファイルのみです。
  他のファイルの差分の適用には、影響しません。

  d-1.差分の内容

    差分は以下のようになっています。
    このファイルにある差分は1つです。

    現在表示している差分(ハンク)及び、残りの差分を未適用にします。


  d-2.ステージングエリアのファイル

    差分を未適用にしたので、「ステージングエリア」にあるファイルは変化しません。


  d-3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、「ステージングエリア」にあるファイルを変更していないため、差分適用前の状態と同じです。


  d-4.次のファイルの差分を表示

    次のファイルの差分を表示します。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション