kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ステージングエリアからファイルを削除する

  「ワーキングディレクトリー」から削除されたファイルを、「ステージングエリア」から削除します。

  コマンド名が「git add」なので分かりにくいかもしれませんが、「git add」は「ワーキングディレクトリー」にあるファイルやファイルの状態を「ステージングエリア」に反映・更新する機能であるため、「ステージングエリア」からファイルを削除することも可能です。

  スナップショットに保存されなくなる

  「ステージングエリア」から削除されたファイルは、「スナップショット」に保存されなくなります。

    ユーザーがコミットした時に「スナップショット」が生成されますが、この時、「スナップショット」に含めるファイル群は「ステージングエリア」のファイルの情報を元に生成されるためです。

  チェックアウト時に全てのファイルがステージングエリアに追加される

    チェックアウト時に全てのファイルが「ステージングエリア」に追加されます。
    さもないとスナップショット生成時、ユーザーが「ステージングエリア」に追加していないファイルが「スナップショット」に保存されなくなってしまうためです。 

コマンドの実行例

  ここでは例として、「ワーキングディレクトリー」と「ステージングエリア」にある「master.txt」ファイルを削除します。


  1.ファイルの削除

    「ワーキングディレクトリー」から「master.txt」ファイルを削除します。


  2.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「master.txt」が削除されたファイルとして認識されています。


  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ステージングエリアにファイルを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。

git add --verbose master.txt


  4.コマンドの実行結果

    「ワーキングディレクトリー」にある「master.txt」ファイルが、「ステージングエリア」から削除されたと表示されます。


  5.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。


    次のコミットで「master.txt」ファイルが削除されると表示されています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション