kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ワーキングディレクトリーから削除済みのファイルを、ステージングエリアから削除する

  すでに「ワーキングディレクトリー」から削除したファイルを、「ステージングエリア」から削除します。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。
    ここでは例として、「master.txt」ファイルを削除します。


  2.ファイルの削除

    「master.txt」ファイルを「Nautilus」から削除しました。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「master.txt」ファイルが削除されたファイルとして認識されていますが、「ステージングエリア」からは削除されていません。


  4.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ワーキングディレクトリーやステージングエリアからファイルを削除するコマンドの説明」を参考にしてください。

git rm master.txt


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、「master.txt」ファイルが削除されたと表示されます。


  6.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、「ステージングエリア」から「master.txt」ファイルが削除されています。


    この状態でコミットを行うと、「master.txt」ファイルはスナップショットに保存されなくなります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション