kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

ワーキングディレクトリーやステージングエリアからファイルを強制的に削除する

  「ワーキングディレクトリー」や「ステージングエリア」からファイルを強制的に削除します。

  編集されているファイルなど、「チェックアウト」後に操作を行ったファイルは削除できません。
  この方法を利用すれば、それらのファイルを削除することができます。

エラーが発生する状況

  ファイルの削除でエラーが発生する状況です。

  1.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」内のファイルは、以下のようになっています。
   ここでは例として、「master.txt」ファイルを削除します。


  2.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、以下のようになっています。
    「master.txt」ファイルが編集されたファイルとして認識されています。


  3.コマンドの実行

    「master.txt」ファイルを「ワーキングディレクトリー」と「ステージングエリア」から削除します。


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、編集されたファイルは削除できません。


ファイルを強制的に削除

  上記のような場合でも、ファイルを強制的に削除できます。

  「1.」〜「2.」は上記と同じです。

  3.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

ショートオプション ロングオプション
-f --force

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ワーキングディレクトリーやステージングエリアからファイルを削除するコマンドの説明」を参考にしてください。
    ポイントは、赤字の箇所です。

git rm --force master.txt


  4.コマンドの実行結果

    以下のように、「master.txt」ファイルが削除されたと表示されます。


  5.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を見ると、「master.txt」ファイルが「ステージングエリア」から削除されています。


  6.ワーキングディレクトリーの確認

    「ワーキングディレクトリー」を見ると、「master.txt」ファイルが削除されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション