kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ファイル名の変更やファイルの移動を行うコマンドの説明

  「git mv」コマンドは、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルのファイル名を変更したり、ファイルを別のフォルダーに移動するコマンドです。


  Gitはファイル名の変更やファイルの移動を感知しない

    「Git」は、「ワーキングディレクトリー」にあるファイルのファイル名の変更や、ファイルの移動を感知しません。
    そのため「Nautilus」等でファイル名の変更やファイルの移動を行うと、新たに作成されたファイルとして認識します。

  git mvでファイル名の変更やファイルの移動を行う

    「git mv」コマンドでファイル名の変更やファイルの移動を行えば、それらの変更を追従してくれます。

  コマンドの機能

    「git mv」コマンドの機能を大別すると、以下のようになります。


  補足

    トラックされていないファイルは操作対象外です。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

git mv <オプション> <ファイル名を変更するファイル> <新しいファイル名>

  ファイル名変更の基本的な例は、以下を参考にしてください。


実行テストに関するオプション

  実行テストに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  実行テストを行う(-n, --dry-run)

    コマンドの実行テストを行います。

    このオプションを指定すると、ファイル名の変更結果を事前に確認することができます。

    このオプションの使用例は、「ワーキングディレクトリー内のファイルのファイル名の変更結果を確認する」を参考にしてください。

ファイル名の変更に関するオプション

  ファイル名の変更に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  ファイルを上書きする(-f, --force)

    デフォルトでは、「新しいファイル名」に指定したファイルがすでに存在する場合、エラーになり、ファイル名の変更に失敗します。
    このオプションを使用すると、同名のファイルを上書きします。

    このオプションの使用例は、「同名のファイルを上書きして、ワーキングディレクトリー内のファイルのファイル名を変更する」を参考にしてください。

  エラーをスキップする(-k)

    コマンド実行時、エラーが発生するとそこで処理が終了します。
    このオプションを使用すると、エラーが発生したファイルをスキップして処理を続行します。
    シェルスクリプトからこのコマンドを使用する時に、利用するとよいでしょう。

    このオプションの使用例は、「エラーが発生したファイルをスキップして、ワーキングディレクトリー内のファイルのファイル名を変更する」を参考にしてください。

情報の出力に関するオプション

  情報の出力に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  詳細情報を表示する(-v, --verbose)

    このオプションを指定すると、ファイル名の変更など、コマンド実行時に行った操作内容を表示します。

ファイル名を変更するファイル

  ファイル名を変更するファイルを指定します。
  フォルダーを指定することもできます。

  ファイル名にスペースが含まれる場合など、ファイル名を正しく認識させるには、「'」でファイル名を括ってください。

  例:'test.txt'

  パスの指定について

    サブフォルダー以下のファイルを指定する場合は、パスの記述を行います。

    例:src/main.c

新しいファイル名

  新しいファイル名を指定します。
  「ファイル名を変更するファイル」にフォルダーを指定した場合は、新しいフォルダー名を指定します。

  ファイル名にスペースが含まれる場合など、ファイル名を正しく認識させるには、「'」でファイル名を括ってください。

  例:'test.txt'

  パスの指定について

    サブフォルダー以下のファイルを指定する場合は、パスの記述を行います。

    例:src/main.c

  注意

     「名称を変更するファイル名」と「新しいファイル名」で異なるパスを指定すると、ファイル名の変更とファイルの移動を行います。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション