kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ファーストフォワードによるマージの例

  「ファーストフォワード」によるマージの例です。
  ここでは例として、「master」ブランチに「fix」ブランチをマージします。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの状態

    ブランチの状態を図にすると、以下のようになります。


    見ての通り、この状態で「master」ブランチに「fix」ブランチをマージすると、「ファーストフォワード」によるマージを行えることが分かります。

  3.コマンドの実行

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「ファイルのマージを行うコマンドの説明」を参考にしてください。

git merge --verbose fix


  4.コマンドの実行結果

    「ファーストフォワード」によるマージが行われ、マージ内容が表示されます。


マージ前とマージ後の違いの確認

  マージ前とマージ後の違いを確認します。

  1.マージ前のmasterブランチのワーキングディレクトリー

    マージ前の「master」ブランチのワーキングディレクトリーは、以下のようになっています。
    ここでは「master.txt」ファイルに注目してみます。


    「master.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  2.マージ前のfixブランチのワーキングディレクトリー

    マージ前の「fix」ブランチのワーキングディレクトリーは、以下のようになっています。
    ここでも同様に「master.txt」ファイルに注目してみます。


    「master.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。


  3.マージ後のブランチの確認

    マージ後のブランチを確認すると、以下のようになっています。


    「master」ブランチのブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」の識別子と、「fix」ブランチのブランチヘッドが指す「コミットオブジェクト」の識別子が、同じ識別子になっていることが分かります。

  4.マージ後のブランチの状態

    マージ後のブランチの状態を図にすると、以下のようになります。


  5.マージ後のmasterブランチのワーキングディレクトリー

    マージ前の「master」ブランチのワーキングディレクトリーは、以下のようになっています。
    「master.txt」ファイルに注目してみます。


    「master.txt」ファイルの中身は、以下のようになっています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション