kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Subtree

  2つのブランチをマージする時に使用できる「マージストラテジー」です。



  マージのアルゴリズムそのものは、「Recursiveマージストラテジー」と似ています。

  違いは、マージするブランチのファイル群を、現在の「ワーキングディレクトリー」内のサブフォルダー内にあるファイル群にマージする、という点です。

  マージするブランチのファイル群が、「ワーキングディレクトリー」内のどのサブフォルダー内に配置されているかは、「Git」が自動的に判断します。

  Subtreeの例

    マージする「fix」ブランチの「ワーキングディレクトリー」は、以下のようになっています。


    「HEAD」が指す「master」ブランチの「ワーキングディレクトリー」は、以下のようになっています。 


    「master」ブランチの「ワーキングディレクトリー」の「fix」サブフォルダー内に、「fix」ブランチのファイル群を配置しています。


    この状態で「master」ブランチに「fix」ブランチを「Subtree」でマージすると、「fix」サブフォルダー内のファイル群と「fix」ブランチのファイル群がマージされます。

  Subtreeによるマージの例

    「Subtreeマージストラテジー」を利用したマージの例は、「Subtreeマージストラテジーでマージを行う」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション