kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

参照リポジトリーを指定して、サブモジュールを追加する

  「参照リポジトリー」を指定して、サブモジュールを追加します。

  1.参照リポジトリー

    ここでは例として、以下のリポジトリーを「参照リポジトリー」に指定します。
    「参照リポジトリー」のパスは、「~/git/mySubProject」です。


  2.コマンドの実行

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション オプションの値
--reference 参照リポジトリーのパス

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「サブモジュールを追加するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git submodule add --reference ../mySubProject git://192.168.56.1/mySubProject


  3.コマンドの実行結果

    以下のように「サブモジュール」が追加され、「サブモジュール」のクローン及びチェックアウトが実行されます。


  4.サブモジュールの状態

    「スーパープロジェクト」から「サブモジュール」の状態を確認すると、以下のようになります。


    「サブモジュール」の「HEAD」が指す「コミットオブジェクト」と、現在のブランチが表示されます。

  5.ワーキングディレクトリーの状態

    「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」の状態を見てみます。


    サブモジュールの「ワーキングディレクトリー」である「mySubProject」フォルダーと「.gitmodules」ファイルが「ステージングエリア」に追加されています。

  6.スーパープロジェクトのワーキングディレクトリーの確認

    「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」を見てみます。
    以下のように、「mySubProject」フォルダーと「.gitmodules」ファイルが追加されています。


  7.gitmodulesファイル

    「スーパープロジェクト」の「ワーキングディレクトリー」内にある「.gitmodules」ファイルの中身を見てみると、「submodule」セクションにオプションで指定したモジュール名が反映されています。


  8.サブモジュールのワーキングディレクトリーの確認

    「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」を見てみます。
    以下のように、「サブモジュール」からチェックアウトされたプロジェクトのファイル群と、「.git」ファイルが配置されています。


  9.gitファイル

    「.git」ファイルの中身を見てみると、以下のように「サブモジュール」の「Gitディレクトリー」の配置場所が記述されています。


  10.alternatesファイル

    「参照リポジトリー」を指定したため、「サブモジュール」の「Gitディレクトリー」に「alternates」ファイルが生成されています。

    「alternates」ファイルの配置場所は、「~/git/myCloneProject/.git/modules/mySubProject/objects/info」です。


  11.alternatesファイルの中身

     「alternates」ファイルの中身を見てみると、「参照リポジトリー」のパスが記述されています。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション