kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

すべてのサブモジュールを一括処理するコマンドの説明

  「git submodule」コマンドは、すべての「サブモジュール」に対し、一括処理を実行することができます。
  処理の内容は、ユーザーが指定します。


  処理対象となるサブモジュール

    処理対象となる「サブモジュール」は、チェックアウトされている「サブモジュール」です。
    チェックアウトされていない「サブモジュール」は、処理対象になりません。

コマンドのフォーマット

  コマンドのフォーマットは以下のようになります。

git submodule <情報出力オプション> foreach <オプション> <実行するコマンド>

  このコマンドの基本的な使い方は、「すべてのサブモジュールを一括処理する」を参考にしてください。

情報出力オプション

  情報の出力に関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  サブモジュールのワーキングディレクトリーのパスを出力しない(-q, --quiet)

    このオプションを指定すると、「サブモジュール」の「ワーキングディレクトリー」のパスを出力しません。
    このオプションの使用例は、「サブモジュールのワーキングディレクトリーのパスを出力しないで、すべてのサブモジュールを一括処理する」を参考にしてください。

サブモジュールに関するオプション

  サブモジュールに関するオプションです。
  いずれのオプションも省略できます。

  再帰的にサブモジュールを操作する(--recursive)

    デフォルトでは、「スーパープロジェクト」直下の「サブモジュール」が更新対象になります。

    このオプションを指定すると、「サブモジュール」内の「サブモジュール」など、再帰的に「サブモジュール」を更新対象にします。

    このオプションの使用例は、「再帰的にサブモジュールを一括処理の対象にする」を参考にしてください。

実行するコマンド

  実行するコマンドを記述します。

  このオプションの使用例は、「すべてのサブモジュールを一括処理する」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション