kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

VirtualBox 5.0リリース

  2015/7/9にVirtualBox 5.0がリリースされました。   


  メジャーアップデートです。
  様々な機能の追加や改善、不具合の修正が行われています。

  変更点は「Changelog」を参照してください。

VirtualBox 5.0のインストール

  VirtualBoxのリポジトリーを利用している人は、「Ubuntuソフトウェアセンター」から「VirtualBox 5.0」をインストールすることができます。

  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「virtualbox-5.0」で検索します。


  「インストール」ボタンをクリックします。

  VirtualBox 4.3からアップグレード

    既存の仮想マシンを残したまま、「VirtualBox 4.3」から「VirtualBox 5.0」へアップグレードすることができます。
    既存の仮想マシンもそのまま利用できます。
   
    ただし「VirtualBox 4.3」と「VirtualBox 5.0」は共存できないため、「VirtualBox 5.0」をインストールすると「VirtualBox 4.3」がアンインストールされます。

    アップグレード方法は、上記の方法で「VirtualBox 5.0」をインストールするだけです。

    「VirtualBox 5.0」へアップグレードする時は、事前に「VirtualBox」を終了させておいてください。

Ubuntu 15.04にVirtualBox 5.0をインストール 

  「Ubuntu 15.04」に「VirtualBox 5.0」をインストールし、仮想マシンの「Ubuntu 15.04」を起動してみました。


  特に問題なく動作しています。


VirtualBox 5.0の新機能

  「VirtualBox 5.0」の新機能のピックアップです。
  「VirtualBox 5.0」の変更点は、「Changelog」を参照してください。

  1.準仮想化に対応

    準仮想化に対応しました。


   「KVM」や「Hyper-V」が利用できます。

  2.対応する命令セットの拡充

    「SSE 4.1」や「SSE4.2」など、ゲストOSで利用できる命令セットが増えました。

  3.USB 3.0に対応

    USB 3.0のデバイスが利用できるようになりました。


    USB 3.0を利用するには、「Oracle VM VirtualBox Extension Pack」をインストールする必要があります。

  4.双方向のドラッグ&ドロップに対応

    双方向のドラッグ&ドロップに対応しました。


  5.仮想ディスクの暗号化

    仮想ディスクの暗号化に対応しました。


  6.画面のスケーリング

    画面のスケーリングに対応しました。


    ゲストOSの画面を拡大して表示することができます。

  7.UIのカスタマイズ

    ツールバーやメニュー構成をカスタマイズできるようになりました。


  8.SATAディスクのホットプラグ

    SATAディスクのホットプラグに対応しました。


  9.VirtualBoxマネージャーからストレージの変更ができる

    VirtualBoxマネージャーからストレージの変更ができるようになりました。
    仮想マシンに設定するストレージを、仮想マシンの設定画面を開かずに変更できます。

    仮想マシンに設定するCD/DVDのディスクイメージを、VirtualBoxマネージャーから直接変更できます。

  10.USBトラフィックをキャプチャーできる

    USBトラフィックをキャプチャーできるようになりました。

 
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション