kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Gloobus Sushi

  「Gloobus Sushi」は、「Nautilus」からファイルの内容をプレビュー表示するアプリです。


  非常に多くのファイル形式をサポートしており、ファイルの中身を確認したい時に便利です。

Gloobus Sushiのインストール

  「Gloobus Sushi」のインストールです。

  注意

    以前紹介した「Sushi」と「Gloobus Sushi」は、共存できません。
    「Gloobus Sushi」をインストールすると、「Sushi」はアンインストールされます。

  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。
 
       ppa:nilarimogard/webupd8

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「gloobus-sushi」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.追加インストール

    LibreOfficeのファイルをプレビューするには、追加インストールが必要です。
    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「unoconv」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  4.Nautilusの再起動

    インストールが完了したら、「Nautilus」を再起動するか、ログインし直すか、PCを再起動します。

Gloobus Sushiの使い方

  「Gloobus Sushi」の使い方です。

  1.ファイルの選択

    「Nautilus」から、プレビュー表示したいファイルを選択します。


  2.プレビュー表示

    「スペース」キーを押すと、以下のようにファイルのプレビューが表示されます。


  フルスクリーンで表示する

    プレビュー画面下のボタンをクリックすれば、プレビュー画面をフルスクリーンで表示できます。


  ファイルを開く

    プレビュー画面下のボタンをクリックすれば、プレビューしているファイルをアプリで開きます。



  プレビューを閉じる

    「スペース」キーを押すと、プレビューを閉じます。
    プレビュー画面左上のボタンをクリックしても良いです。


Gloobus Sushiの設定画面の表示

  「Gloobus Sushi」の設定画面の表示です。

  1.メニューの表示

    プレビュー画面右上のアイコンをクリックします。


  2.設定画面の表示

    以下のメニューが表示されるので、「設定」をクリックします。


Gloobus Sushiの設定

  「Gloobus Sushi」の設定画面です。


  常に最前面に表示

    チェックをオンにすると、プレビュー画面を常に最前面に表示します。

  Quit on lose focus

    チェックをオンにすると、プレビュー画面がフォーカスを失った時に、プレビュー画面を閉じます。

  gtkテーマを使用する

    チェックをオンにすると、プレビュー画面にGTK+テーマを使用します。
    GTK+テーマを使用すると、一般的なウィンドウと同様の見た目になります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション