kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

プロンプトのカラーリング

  Ubuntu 15.10の「端末」では、以下のようにプロンプトのカラーリングが行われるようになりました。


  以前のバージョンでは、プロンプトのカラーリングは行われず、テーマが指定した色が使用されていました。


端末のプロンプトのカラーリングを元に戻すには

  端末のプロンプトのカラーリングを元に戻すには、「端末」起動時に実行される「.bashrc」を編集します。

  1.bashrcの配置場所

    「.bashrc」は、「~/.bashrc」にあります。
    中身はシェルスクリプト(テキストファイル)です。


  2.bashrcの内容(修正前)

    プロンプトのカラーリングは、40行目の文で指定されています。
    以下の赤線の箇所を削除すれば、プロンプトのカラーリングが行われなくなります。


  3.bashrcの内容(修正後)

    以下のように修正します。


    ファイルを上書き保存します。

  4.端末の確認

    「端末」を起動すると、以下のようにカラーリングが行われていません。


  色の指定はどこで行われているか

    プロンプトの色は、60行目で指定されています。

PS1='${debian_chroot:+($debian_chroot)}\[\033[01;32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[01;34m\]\w\[\033[00m\]\$ '

  Ubuntu 15.04からUbuntu 15.10へアップグレードした場合、プロンプトのカラーリングは行われない

    Ubuntu 15.04からUbuntu 15.10へアップグレードした場合、「~/.bashrc」を引き継ぐため、プロンプトのカラーリングは行われません。

    ただしアップグレードした環境でも、Ubuntu 15.10上で新規に作成したユーザーアカウントでは、プロンプトのカラーリングが行われます。

    もしUbuntu 15.10へアップグレード環境でプロンプトのカラーリングを行いたい場合は、上記の削除とは逆の事を行ってください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション