kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

日本語環境の構築と確認

  ここでは日本語環境の構築と確認を行います。


  Ubuntu GNOMEはマルチランゲージに対応したOSなので、日本語の表示やインプットメソッドによる日本語入力が可能です。

  インストールの状況によっては日本語表示ができない

    インターネットに接続せずUbuntu GNOMEをインストールした場合や、英語でUbuntu GNOMEをインストールし後から日本語環境にしたい場合、日本語の言語パッ ケージやインプットメソッドのダウンロード及びインストールが行われていないため、自分で日本語環境を構築する必要があります。

    インターネットに接続してUbuntu GNOMEをインストールした場合でも、接続が不安定で途中で切断された場合や、サーバーが混雑していた時なども同様に、自分で日本語環境を構築する必要があります。

  念の為確認しておく

    インターネットに接続してUbuntu GNOMEをインストールした人も、ここで紹介する方法で日本語環境を確認しておくと良いでしょう。

    日本語環境の構築や確認は簡単です。

  環境について

    ここでは、インターネットに接続せずUbuntu GNOMEをインストールした状況を想定して記述します。

    UIの一部が英語で表示されますが、表示されるアイコンやコントロールの位置は言語環境に関わらず同じですから、英語が苦手な人はアイコンやコントロールの位置を参考に操作してください。

  インターネットに接続について

    事前に必ずインターネットにアクセスできるか確認しておいてください。

    インターネットに接続できるかどうかは、「Firefox」を起動し適当なWebサイトを開いて、Webサイトが表示されるかどうか確認しください。

    表示されればOKです。

1.パッケージのアップデート

  何はともあれ、まずはパッケージのアップデートを行います。

  1-1.Software Updaterの起動

    「アクティビティ(Activities)」を開き、以下のようにSoftware Updater(ソフトウェアの更新)を起動します。


  1-2.アップデートチェック

    以下のようにアップデート確認が行われます。


  1-3.アップデート内容の表示

    アップデートがあれば、以下のようにアップデート内容が表示されます。


    「Install Now」ボタンをクリックします。

  1-4.アップデート開始

    以下のようにアップデートが開始されます。


  1-5.アップデート完了

     アップデートが完了したら、以下の画面が表示されます。


    「OK」ボタンをクリックし、この画面を閉じます。

2.言語サポートのインストール

  「言語サポート」をインストールします。

  2-1.Ubuntu Software Centerの起動

    アクティビティーを開き、検索ボックスに「software」と入力します。
    以下のように「Ubuntu Software Center」が候補に上がるので、「Ubuntu Software Center」をクリックします。


  2-2.言語サポートのインストール

    右上の検索ボックスに「language-selector-gnome」と入力すると「Language Support」が候補に上がるので、「Language Support」をクリックします。


    上記の画面が表示されるので、「Install」ボタンをクリックします。

  2-3.パスワードの入力

    以下の画面が表示されるので、ログインしているユーザーのパスワードを入力して「認証」ボタンをクリックします。


    インストールが開始されます。

3.Mozcをインストールする(任意)

  「Mozc」を利用したい人は、引き続き「Ubuntu Software Center」で「Mozc」をインストールします。

  3-1.Mozcのインストール

    右上の検索ボックスに「ibus-mozc」と入力すると「Mozc engine for IBus - Client of the Mozc input method」が候補に上がるので、「Mozc engine for IBus - Client of the Mozc input method」をクリックします。


    上記の画面が表示されるので、「Install」ボタンをクリックします。

4.言語サポートの起動と不足している言語パッケージのインストール

  「言語サポート」を起動し、不足している言語パッケージのインストールを行います。

  4-1.言語サポートの起動

    アクティビティーを開き、検索ボックスに「language」と入力します。
    以下のように「言語サポート」が候補に上がるので、「言語サポート」をクリックします。


  4-2.不足している言語パッケージのインストール

     「言語サポート」を起動すると、現在インストールされている言語及び、その言語に対応したパッケージがインストールされているかチェックが行われます。

    以下の画面が表示された場合は、パッケージが不足しているので「インストール」ボタンをクリックし、パッケージのインストールを行います。


     「詳細」ボタンをクリックすると、インストールされるパッケージの一覧が表示されます。


    日本語のフォント(Takao)やインプットメソッドである「Anthy」、「-ja」がついた言語パッケージなどが並んでいます。

    「インストール」ボタンをクリックします。

  4-3.パスワードの入力

    以下の画面が表示されるので、ログインしているユーザーのパスワードを入力し、「認証」ボタンをクリックします。


  4-4.パッケージのインストール

    以下のように不足しているパッケージのインストールが行われます。


5.言語の設定

  「言語」タブをクリックし、使用する言語を「日本語」に設定します。

  5-1.使用する言語の選択

    「メニューとウィンドウの言語」リストで、「日本語」がリストの一番上にあるかどうか確認します。
    「日本語」がリストの一番上にない場合は、リストの中から「日本語」を探し、ドラッグ&ドロップで「日本語」を一番上に持ってきます。


    「日本語」を一番上に持ってきたら「5-4.」に飛んでください。

  5-2.リストの中に日本語がない場合

    リストの中に日本語がない場合は、まず「日本語」をインストールする必要があります。
    「言語のインストールと削除」ボタンをクリックします。


  5-3.日本語のインストール

    以下の画面が表示されるので、リストの中から「日本語」を探し、「インストール済み」にチェックをいれます。
    この画面を表示した時点ですでに「日本語」の「インストール済み」にチェックが入っている場合は、すでにインストール済みです。


    「日本語」にチェックを入れ「変更を適用」ボタンをクリックすると、インストールが始まります。
    表示される画面に従って操作してください。

    インストールが完了したら、「5-1.」の手順を行います。

  5-4.システムに適用

    ログイン画面などで使用する言語を「日本語」にするため、「システム全体に適用」ボタンをクリックします。


  5-5.インプットメソッドフレームワークの選択

    「キーボード入力に使うIMシステム」で「ibus」を選択します。


6.地域フォーマットの設定

  最後に地域フォーマットの設定を行います。

  6-1.地域フォーマットの設定

    「地域フォーマット」のタブをクリックすると以下の画面が表示されるので、赤矢印の箇所を「日本語」に設定します。


  6-2.システムに適用

    ログイン画面などで使用する地域フォーマットを「日本語」にするため、「システム全体に適用」ボタンをクリックします。


   ここで設定を反映するため、ログインし直すかPCを再起動します。

7.日本語インプットメソッドの登録

  日本語インプットメソッドを「ibus」に登録します。

  7-1.Region & Languageの起動

    アクティビティーを開き、検索ボックスに「language」と入力します。
    以下のように「Region & Language」が候補に上がるので、「Region & Language」をクリックします。


  7-2.USキーボードレイアウトの削除

    USキーボードレイアウトが登録されているので、USキーボードレイアウトを削除します。
    「英語 (US)」を選択し「ー」ボタンをクリックします。    


  7-3.USキーボードレイアウトの削除完了

    以下のように、USキーボードレイアウトが削除されます。


  7-4.インプットメソッドの追加

    インプットメソッドを追加するため、画面左下の「+」ボタンをクリックします。


  7-5.言語の選択

    以下の画面が表示されるので、「日本語」をクリックします。


  7-6.Anthyを追加する場合

    「Anthy」を追加する場合、「日本語 (Anthy)」を選択して画面右上の「追加」ボタンをクリックします。


  7-7.Mozcを追加する場合

    「Mozc」を追加する場合、「日本語 (Mozc)」を選択して画面右上の「追加」ボタンをクリックします。

 

  7-8.インプットメソッドの追加完了

    以下のように、選択したインプットメソッドが追加されます。


    ここでは例として、「日本語 (Mozc)」を追加しました。

8.日本語入力の確認

  日本語入力の確認を行います。

  8-1.インプットメソッドの切り替え

    画面右上のibusインジケーターをクリックし、「日本語 (Mozc)」をクリックします。


  8-2.日本語入力のテスト

    「テキストエディター」を起動し、日本語入力の確認を行います。
    Mozcの返還モードの切り替えは、「半角/全角」キーで行います。
    以下のように、変換候補が表示されればOKです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション