kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

画像をリサイズして、リサイズした画像ファイルを同じフォルダーに保存する

  画像をリサイズして、リサイズ元の画像ファイルと同じフォルダーにリサイズした画像ファイルを保存します。

  1.画像ファイルの選択

    リサイズする画像ファイルを選択します。


  2.カスタム設定画面の表示

    カスタム設定画面を表示します。

  3.リサイズ設定

    「Image Size」で画像のリサイズ設定を行います。


     「Image Size」の設定は、「基本的な使い方とカスタム設定について」を参考にしてください。

    ここでは例として、画像サイズを50%に縮小します。

  4.画像ファイルの保存先設定

    「Destination」で、画像ファイルの保存先の設定を行います。 


    リサイズ元の画像ファイルと同じフォルダーにリサイズした画像ファイルを保存するので、「Rename」を選択します。

    「Append to filename」に、リサイズした画像ファイルのファイル名につけるサフックスを入力します。

  5.リサイズの実行

    画面右下の「Resize」ボタンをクリックします。


  6.リサイズ完了

    画像のリサイズが行われ、リサイズ元の画像ファイルと同じフォルダーにリサイズした画像ファイルが保存されます。


    リサイズした画像ファイルのファイル名に、指定したサフィックスが追加されています。

画像サイズの確認

  リサイズ前とリサイズ後の画像サイズを確認してみます。

  リサイズ前の画像サイズ

    リサイズ前の「画像1.jpg」の画像サイズを見て見ると、以下のように「2560ピクセル x 1602ピクセル」になっています。


  リサイズ後の画像サイズ

    リサイズ後の「画像1.jpg」の画像サイズを見て見ると、以下のように「1280ピクセル x 801ピクセル」になっています。


    画像サイズが50%になるように、リサイズされています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション