kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

画像をリサイズして、指定したサブフォルダーにリサイズした画像ファイルを保存する

  画像をリサイズして、指定したサブフォルダーにリサイズした画像ファイルを保存します。

  1.画像ファイルの選択

    リサイズする画像ファイルを選択します。


  2.カスタム設定画面の表示

    カスタム設定画面を表示します。

  3.リサイズ設定

    「Image Size」で画像のリサイズ設定を行います。


     「Image Size」の設定は、「基本的な使い方とカスタム設定について」を参考にしてください。

    ここでは例として、画像サイズが「640ピクセル x 480ピクセル」に収まるように画像をリサイズします。

  4.画像ファイルの保存先設定

    「Destination」で、画像ファイルの保存先の設定を行います。


    サブフォルダーにリサイズした画像ファイルを保存するので、「Save in a folder」を選択し、「Folder name」にサブフォルダーのパスを相対パスで入力します。

    基準となるパスは、リサイズする画像ファイルが配置されているフォルダーです。
    ここでは「Folder name」に「resized」を入力しました。

  5.リサイズの実行

    画面右下の「Resize」ボタンをクリックします。


  6.リサイズ完了

    画像のリサイズが行われ、「resized」サブフォルダー内にリサイズした画像ファイルが保存されます。


    「resized」サブフォルダーを開くと、以下のようにリサイズした画像ファイルが保存されています。


画像サイズの確認

  リサイズ前とリサイズ後の画像サイズを確認してみます。

  リサイズ前の画像サイズ

    リサイズ前の「画像1.jpg」の画像サイズを見て見ると、以下のように「2560ピクセル x 1602ピクセル」になっています。


  リサイズ後の画像サイズ

    リサイズ後の「画像1.jpg」の画像サイズを見て見ると、以下のように「640ピクセル x 400ピクセル」になっています。


    「640ピクセル x 480ピクセル」に収まるように画像がリサイズされています。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション