kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

タイムアウトを設定する

  タイムアウトを設定します。
  「Timeout」の設定です。

  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --timeout 'タイムアウトの時間'

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -t 'タイムアウトの時間'

  --timeout 'タイムアウトの時間'

    タイムアウトの時間を秒で指定します。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.UEFIブートマネージャーの状態

    現在のUEFIブートマネージャーの状態を見てみます。
    以下のようになっています。


    現在「Timeout」は設定されていません。
    ここでは例として、30秒のタイムアウトを設定します。

  2.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行します。

sudo efibootmgr --timeout 30


  3.コマンドの実行結果

    以下のように「Timeout」が設定されます。


タイムアウトの設定を削除する

  タイムアウトの設定を削除します。

  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --delete-timeout

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -T

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.UEFIブートマネージャーの状態

    現在のUEFIブートマネージャーの状態を見てみます。
    以下のようになっています。


  2.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行します。

sudo efibootmgr --delete-timeout


  3.コマンドの実行結果

    以下のように「Timeout」が削除されます。


エントリーを削除する

  エントリーを削除します。

  コマンドのフォーマット

    コマンドのフォーマットは、以下のようになります。

  • ロングオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr --delete-bootnum --bootnum 'エントリー番号'

  • ショートオプションによるフォーマット

sudo efibootmgr -B -b 'エントリー番号'

  --bootnum 'エントリー番号'

    削除するエントリーの番号を指定します。

コマンドの実行例

  コマンドの実行例です。

  1.UEFIブートマネージャーの状態

    現在のUEFIブートマネージャーの状態を見てみます。
    以下のようになっています。


    ここでは例として、エントリー「Boot0004」を削除します。

  2.コマンドの実行

    以下のコマンドを実行します。

sudo efibootmgr --delete-bootnum --bootnum 4


  3.コマンドの実行結果

    以下のように「Boot0004」が削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション