kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntuソフトウェアセンターの廃止

  Ubuntu 16.04で「Ubuntuソフトウェアセンター」の廃止が検討されています。


  「Ubuntuソフトウェアセンター」は、ユーザーがアプリケーションのインストールやアンインストールを行う時に利用するソフトウェアです。

  リポジトリーの管理も行え、パッケージ管理システムのGUIフロントエンドとして動作するソフトウェアです。

  あれから6年

    「Ubuntuソフトウェアセンター」はUbuntu 9.10で初めて搭載され、2009/10/29にリリースされました。

    Ubuntu 15.10でも、「Ubuntuソフトウェアセンター」がデフォルトでインストールされ、アプリの紹介やインストール等を支援してきました。

    この6年の間、「Ubuntuソフトウェアセンター」は機能の追加や改善が施され、現在に至っています。

    この「Ubuntuソフトウェアセンター」が、時期バーションであるUbuntu 16.04で廃止される予定です。

Ubuntuソフトウェアセンターの機能を振り返る

  「Ubuntuソフトウェアセンター」には、「Synaptic」や「apt-get」のようなソフトウェアと同種のソフトウェアである、というイメージがあるかと思います。

 「Ubuntuソフトウェアセンター」には、それらのソフトウェアにはないデスクトップユーザーに向けた様々な機能を提供しています。

  これらの機能は、「Synaptic」や「apt-get」から利用することはできません。

  ソフトウェアのレビュー機能

    ユーザーがソフトウェアのレビューを行い、ソフトウェアの評価を行える機能があります。


    ユーザーは星の数などソフトウェアのレビューを見て、アプリの評判を知ることができます。

    またこの機能を利用して、アプリを人気順にソートする機能も提供しています。

  ソフトウェアのおすすめ機能

    ユーザーがインストールしたソフトウェアから、そのユーザーに向けたおすすめのソフトウェアを提案する機能があります。


  販売されているソフトウェアの紹介とインストール

    販売されているソフトウェアの紹介と、そのソフトウェアのインストールを支援する機能が提供されています。


    ソフトウェアの販売は、メーカーなど法人だけでなく、個人も「Ubuntuソフトウェアセンター」を通じて有償で販売することができます。
    中にはプロプライエタリーソフトウェアを無償で提供しているところもあります。

    「Google Play」や「App Store‎」と似たようなサービスですね。
   詳細は「Other forms of submitting apps」を参考にしてください。

    購入したソフトウェアはユーザーが作成したUbuntu Oneアカウントで管理され、後で購入したソフトウェアを再インストールすることもできます。

  異なるPCに同じアプリのインストール環境を構築する

    あるPCのアプリ環境を、別のPCに構築する機能が提供されています。  


    新しいPCに既存のPCと同じアプリ環境を構築したい時に利用する機能です。

  Unityランチャーにアプリのアイコンを作成

    アプリをインストール完了時に、Unityランチャーにアプリを起動するアイコンを作成します。

    例えば、「Leafpad」をインストールしてみます。


    インストールが完了すると、以下のようにUnityランチャーにアプリを起動するアイコンを作成します。 


Ubuntuソフトウェアセンターを取り巻く状況

  「Ubuntuソフトウェアセンター」を取り巻く状況を見てみます。

  アプリの販売ができなくなった

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を通じてソフトウェアの販売ができなくなりました。

    この機能は、ソフトウェアを販売している開発者や、販売されているソフトウェアを購入したユーザーに十分な周知が行われないまま、Ubuntu 15.04から無効になっています。
    従ってUbuntu 15.04以降のユーザーは、販売されているソフトウェアを購入できなくなりました。

    以前のUbuntuのバージョンで購入したソフトウェアは、ユーザーが使用しているUbuntuのバージョンにそのソフトウェアが対応していれば、引き続き利用できます。

  debからsnappyへ

    Canonicalは、開発者が販売するソフトウェアのパッケージ形態を、debパッケージからsnappyパッケージへ移そうとしています。

   既存のdebパッケージは、ソフトウェアの販売に向いていないとのことです。

    そのため、Ubuntu Desktopでアプリを販売する既存のシステムを、Ubuntu Phoneで利用するシステムで再構築するため、リソースをシステムの再構築に注いでいます。

    ソフトウェアをUbuntuで販売しようとしている開発者は、このシステムが構築されるまで待つ必要があります。

  Ubuntu MATE 15.10からUbuntuソフトウェアセンターがインストールされなくなった

    Ubuntu MATE 15.10では、デフォルトで「Ubuntuソフトウェアセンター」がインストールされなくなりました。
     「Ubuntu Software Center has been removed from the default install of Ubuntu MATE 15.10」を参考にしてください。

    後からユーザーが自分で「Ubuntuソフトウェアセンター」をインストールすることはできます。

  Ubuntu 16.04ではSoftwareがインストールされる

     Ubuntu 16.04では、「Ubuntuソフトウェアセンター」の代わりに、「Software(gnome-software)」がデフォルトでインストールされる予定です。

  参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション