kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

コミット対象になるファイルの一覧を、スクリプト向けフォーマットで表示する

  コミット対象になるファイルの一覧を、スクリプト向けフォーマットで表示します。
  情報の表示だけで、実際にコミットは行われません。

  暗黙のうちに「--dry-run」オプションも指定されます。

  スクリプト向けフォーマットは、ショートフォーマットと同様のフォーマットで出力されます。
  違いは、文字のカラー設定など、以下のユーザーの設定が反映されない点です。

  • color.status
  • status.relativePaths

  また、以前の「Git」のバージョンと、フォーマットが変わりません。
  ファイルの状態を解析し、処理を行うシェルスクリプト等で利用します。

  1.ブランチの確認

    現在のブランチ構成を確認すると、以下のようになっています。
    現在のブランチは、「master」ブランチであることが分かります。
    同様に、「HEAD」は「master」ブランチを指していることが分かります。


  2.ブランチの構成

    現在のブランチの構成を図にすると、以下のようになっています。


  3.ワーキングディレクトリーの状態

    「ワーキングディレクトリー」の状態を確認すると、以下のようになっています。


    「ステージングエリア」に「master.txt」ファイルが追加されており、「master.txt」ファイルがコミット対象のファイルであることが分かります。
    すなわち、コミットにより「master.txt」ファイルが「スナップショット」に反映されます。

  4.コマンドの実行 

    コマンドのオプションは、以下のオプションを指定します。

オプション
--porcelain

    「端末」から、以下のコマンドを実行します。
    コマンドの詳細は、「スナップショットを生成するコマンドの説明」を参考にしてください。

    ポイントは、赤字の箇所です。

git commit --porcelain


  5.コマンドの実行結果

    以下のように、 コミット対象になるファイルの一覧が表示されます。
    表示される内容の見方は、「ワーキングディレクトリーにあるファイルの状態を、ショートフォーマットで表示する」を参考にしてください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション