kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Stock Quoteプラグイン

  Stock Quoteプラグインは、Google Financeから株価を取得し表示するプラグインです。


  1.アクションの選択

    1番目のペインで「Stock Quote」アクションを選択します。


  2.会社名の入力

    2番目のペインで調べたい株価の会社名を入力します。


  3.株価の表示

    「エンター」キーを押すと、以下のように1番目のペインに株価、前日比、前日比(%)が表示されます。


System Serviceプラグイン

  System Serviceプラグインは、サービスの起動や停止を行うプラグインです。


  System Serviceプラグインで利用できる機能

    System Serviceプラグインでは、以下の機能を利用できます。

  1. サービスを開始する
  2. サービスを停止する
  3. サービスを再起動する

System Serviceプラグインの設定

  System Serviceプラグインを利用する前に、System Serviceプラグインの設定を行う必要があります。
  System Serviceプラグインを選択して「設定」ボタンをクリックすると、以下のように設定画面が表示されます。


  Command for start/stop services 

    サービスの操作はrootで操作する必要があります。
    root認証に使用するコマンドを入力するか、「...」ボタンをクリックしてroot認証に使用するコマンドを選択します。


    この設定は「gksudo」のままでよいですが、「gksudo」をインストールしておいてください。

  Services to control 

    操作対象にしたいサービスを一覧から選択します。
    ここでチェックが入っているサービスを操作することができます。

1.サービスを開始する

  サービスを開始します。

  1-1.サービスの選択

    1番目のペインで操作したいサービスを選択します。


  1-2.アクションの選択

    2番目のペインで「Start Service」アクションを選択します。


    「エンター」キーを押します。

  1-3.パスワードの入力

    以下のようにroot認証画面が表示されるので、ログインしているユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


  1-4.サービスの開始

    正常にサービスが開始されると、以下のような通知が表示されます。


2.サービスを停止する

  サービスを停止します。

  2-1.サービスの選択

    1番目のペインで操作したいサービスを選択します。


  2-2.アクションの選択

    2番目のペインで「Stop Service」アクションを選択します。


    「エンター」キーを押します。

  2-3.パスワードの入力

    以下のようにroot認証画面が表示されるので、ログインしているユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


  2-4.サービスの開始

    サービスが停止すると、以下のような通知が表示されます。


3.サービスを再起動する

  サービスを再起動します。

  3-1.サービスの選択

    1番目のペインで操作したいサービスを選択します。


  2-2.アクションの選択

    2番目のペインで「Stop Service」アクションを選択します。


    「エンター」キーを押します。

  2-3.パスワードの入力

    以下のようにroot認証画面が表示されるので、ログインしているユーザーのパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。


  2-4.サービスの開始

    サービスが再起動すると、以下のような通知が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション