kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

レッスンで使用する文章を自分で指定する

  レッスンで使用する文章を自分で指定することも可能です。
  使用する文章を段落単位でランダムに抽出し、レッスン内容を生成します。

  1.Other texts画面の表示

    単語の指定は、「Other texts画面」から行います。
    「Other texts画面」を表示するには、画面左上の「Other texts」ボタンをクリックします。


  2.Other texts画面

   以下のように、「Other texts画面」が表示されます。


    「(Default)」は、「Klavaro」がデフォルトで用意している文章です。
    この画面の使い方は、「レッスンで使用する単語を自分で指定する」を参考にしてください。

  3.レッスン内容の生成とレッスン開始

    ランダムに段落が抽出されレッスン内容が生成されます。
    また、レッスンが開始されます。


段落数を指定してレッスンを行う

  段落数を指定してレッスンを行うこともできます。

  1.段落数の指定

    画面上部の「Paragraphs」で段落数を指定します。


  2.レッスンの開始

    指定された段落数でレッスン内容が生成され、レッスンが開始されます。


成績トップ10を表示する

  成績トップ10を表示します。

  1.Top 10画面の表示

    画面下の「Top 10」ボタンをクリックします。


  2.Top 10画面

    以下のように、「Top 10」画面が表示されます。


ユーザーのスコアを表示する

  「Local scores」では、ユーザーのスコアが表示されます。


  1.スコアの種類

    「Local scores」を選択すると、ユーザーのスコアが表示されます。
    「External scores」を選択すると、「Klavaro」のサイトに登録されているスコアが表示されます。

  2.言語

    スコアを表示したいレッスンの言語を選択します。

  3.#

    スコアの順位です。

  4.Name

    ユーザー名とキーボードレイアウトが表示されます。

  5.Score

    レッスンのスコアが表示されます。

  6.右側のバー(<)

    詳細画面の表示・非表示を切り替えます。


    詳細に表示される各列の意味は、以下のようになります。

列名 概要
Accuracy 正確性(%)
Speed 1分あたりの単語数
Fluidity どの程度円滑にキー入力できたか(%)
Chars レッスンで使用した文字数
When レッスンを行った日時

  7.Top 10

    ユーザーは自分のスコアを「Klavaro」のサイトに登録することができます。
    登録されたスコアは、Web上に公開されます。
    そのページをブラウザーで開きます。


Klavaroのサイトに登録されているスコアを表示する

  「External scores」を選択すると、「Klavaro」のサイトに登録されているスコアが表示されます。


  1.データベースのアップデート

    まずデータベースをアップデートする必要があります。
    画面下の「Update」ボタンをクリックします。


  2.読み込み完了

    以下のように、Top 10のスコアが表示されます。


  使い方はLocal scoresと同じ

    この画面の使い方は、上記の「Local scores」と同じです。
    スコアの詳細情報も表示できます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション